誘導目的と判断した日記は削除します。会員規約、ローカルルールを守って平和で活発なコミュニティの維持にご協力ください。

ネットワークオーディオ中心の2chとマルチチャンネル再生でのピュア

Sponsored Link

Myプロフィール

2008年頃からPCオーディオに取り組んできましたが、最近、GentooPlayer+roon、伝送プロトコルはDirettaでネットワークオーディオに移行。Linuxベースの再生環境となり同じ機器なのにWindowsとは別次元にレベルアップできました。

右上から

・roon coreとなるgentooPlayerが乗っている自作Linuxサーバー

・Sforzart DSP-Pavo:Diretta target その1

・自作Linuxサーバー用出川式リニア電源(12V,5V×2,3.3V)

・下二つがセンター(バイアンプ)とリアスピーカーを受け持つパワーアンプ(Linn 22502台)

 左上から

・マルチチャンネルプリアンプ ACCUPHASECX-260

・メインスピーカー担当パワーアンプ Linn4200(バイアンプ) 

上から   

・SACDプレーヤー/トランスポートESOTERICX-01 Limited

・クロック:ANTELOPE AUDIO OCX

・DAコンバーターMYTEC DIGITAL Brooklyn DAC+:Diretta target その2

・BDプレーヤーOPPOUDP-205

右から 

・オリオスペック Canarino Bridge DUB これで、Brooklyn DAC+にDirettaで音源データを転送します。

・メディアコンバーター(MC) 光ファイバーケーブル変換に変換し、メタルLANケーブル由来のノイズをアイソレート。

・その下や左隣はDUBやMCなどのリニア電源たち

・ルビジウムクロック(10MHz)とリニア電源

オーディオ用ネットワーク機機器

・上から

・メディアコンバーター用リニア電源

・右、メディアコンバーターたち、左 オリオスペックCanarino Bridge RDOR

 Linux(ウチではGentooplayer)やMacでのroonコアからDiretta出力できるようになる中継器とその出川式リニア電源

・SOtM sNH-10G オーディオ専用ネットワークスイッチと外部10Mクロック(TCXO)とそれらの電源

・一般用のスイッチ

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました