誘導目的と判断した日記は削除します。会員規約、ローカルルールを守って平和で活発なコミュニティの維持にご協力ください。

Auro-3D専用ルーム化計画進行中

Sponsored Link

【可動式SP7台による、Auro-3D5.1chATMOS(映画)、2ch(20231月更新)

ここ伊豆でのMy Roomは、8面から成る立方体で、完全に対称となって向き合う平面が一つもないという変形部屋で、2階屋根まで吹き抜けの空間、強い傾斜天井(約30度)、珪藻土の壁、桜の無垢の床材、螺旋階段のために補強された床など、オーディオルームとして専用設計したわけではないのですが、なかなかいい音を出す条件がそろっている部屋だと思っています。完全防音工事はしていませんが、窓は真空二重サッシをダブルで入れ、別荘地なので、隣家まで10m以上は離れているし空き家も多いので、日中はかなり大音量で聴くことが可能です。遮光はしていないので、スクリーンとプロジェクターは夜のみ稼働です。家族は愛犬以外ほとんど来ないので、ダイニングとリビング兼ですが、事実上、東京の書斎に次ぐ、第二の「マイルーム」です(笑)。

私がここ、伊豆の地で、最も真剣に取り組んでいるのは、Auro-3Dによる<音楽再生>です(映画ではありません)。

https://www.auro-3d.com/

Auro-3Dは三層構造を基本としており、フルシステムの定義では、第一層に7ch、第二層に5ch、第三層に1chの計13ch(+SW13.1ch)となっており、拙宅ではこのAuro-3Dフルシステムをメインにしつつも、5.1chマルチチャンネルオーディオ(SACDDVD-AudioBlu-Ray Audioなど)、2chオーディオ(CD、ストリーミングサービスなど)、ATMOS=9.1.6)による映像音響再生(DTS-Xなども含む)の4つを、それなりのレベルで一部屋内に共存させています。


それを実現するために取っている方策として、<移動できるスピーカー5台>と<移動できるリスニングポイント(以下LP)=椅子>の二つを採用しています。

スピーカーは、これら4つのフォーマットに対応するため、第一層に10台、第二層に7台、第三層に2台、SW5台の計24台あります。

第一層は、LCRとサラウンドLRATMOSではフロントワイドとして使用)が、Sonus FaberSonetto VIIIという、3WaySpeakersのフロア型。サラウンドバック(ATMOSではサラウンドとして使用。2ch再生時はMainとして使用)が、Sonus FaberElecta Amator IIIATMOSでサラウンドバックとして使うために、YamahaNS-4HXをソファの後ろに置いています。

Img_1586

他に、映画鑑賞時のバーチカルセンタースピーカーの下側として利用するSonetto Iが一台あります。

ハイトはフロントハイトLCRとサラウンドハイトがSonetto IATMOS用に、リアハイトとして、YamahaNS-4HX

トップ(Voice of God)はDynaudioの無線アクティブスピーカー、XEO 3を使い、映画と音楽の両方でVOGが使えるよう、2台体制にしてサービスエリアを広げています。

サブウーファーはELAC SUB3070が前後配置で2台、FOSTEX CW250Aが左右配置で2台、さらにYAMAHA YST-SW800がソファ裏に1台(映画鑑賞時のみ使用)です。


これは第一層で固定されて動かさないスピーカー8台の配置図です。(Auro-3Dに使用するSPは赤です。Auro-3D用のLPは青です。黒はSWです)

こちらは、第二層と第三層で固定しているSP9台の配置図です。

これに加えて、7台(LCRSonetto VIII と、Auro-3Dでは、サラウンドLRとして、Atmosではフロントワイドとして使うSonetto VIII、Auro-3DではサラウンドバックLR、AtmosではサラウンドLRとして利用するAmator III)がキャスター付きで可動式として運用し、さらにSPセッティングに合わせて椅子(LP)を適宜移動させることで、様々なフォーマットの「最適配置」を目指しています。

1.Auro-3D用配置

Auro-3D用の配置は、第一層はこのような位置になります。紫がLCRSonetto VIII、赤がサラウンドLRSonetto VIII、オレンジが、サラウンドバックLRAmator IIIになります。部屋の最後部の上下に設置してある計4台のヤマハのSPは使いません。拙宅のメインシステムで、7.(4).5.(2)18台のSPを使った13.1chです。以下、このAuro-3Dの配置を基準に、<変化>を説明します。

上記は、Auro-3DのSP配置で最も重要な、方位角と仰角の規定範囲(赤字)と、拙宅に置ける実測値(青字)を示したものです。

2.5.1ch用配置

センタースピーカーを下げ、椅子を前に出すことにより、Sonetto VIII 5台からすべて等距離の位置にLPを設置します。スピーカーまで約1.7Mという「ニアフィールドサラウンド」となっており、ITUの指示通り、<同じSpeaker5台を同心円状に配置>することができているため、AVアンプによる補正が全く不要となり、DSPを通さない、よりDirectな音が聴けるようにしています。

3.2ch用配置

これはAmator IIIを移動させて、左右の壁から約1M、後ろの壁から約2M離し、かつ前後左右の壁の形状がほぼ対称という、かなり理想的な周囲の環境の中で、一辺約1.6Mという、正三角形の頂点に椅子を反転して置きます。ボーカルを中心に、2chならではの、「ホログラフィックな音像」を楽しむときに主に使います。ソース機器は、OPPO 205およびMarantz SACD 30nのアナログ出力で、それをOctaveA級真空管プリメインアンプ V70 Class Aでドライブしています。

4.ATMOS(音楽)用配置

ATMOSフォーマットで録音された音楽を再生するときは、最後部に配されている上下4台のヤマハのSPも、リアハイトと、サラウンドバックとして使用します。この場合、LPを下げ、そこから110度ぐらいの位置に、Amator IIIを移動して、サラウンドとして使います。Auro-3D時にはサラウンドとして使っているSonetto VIIIは、フロントワイドとして定義します。

2、第二、三層は、ATMOSはフロントセンターハイトと、Voice of Godを使用しません。その代わり、Auro-3Dで、サラウンドハイトとして使っているものを、トップミドルとして使用し、最後部のヤマハのリアハイトを使用します。

つまり、拙宅のATMOSは、9.4.6 となります。

5.映画用配置(主にATMOS用)

映画の際は、スクリーン(非サウンドスクリーン)を使うため、フロントLRをスクリーンの両サイドの位置まで移動させます。音楽再生時にセンターとして利用しているSonetto VIIIは使わないので、スクリーンの奥に片付けます。その代わり、センターSPとしては、Auro-3Dでフロントセンターハイトとして使っている(ATMOSはこのスピーカーを使わない)Sonetto Iと、スクリーン下部に置いてあるもう一台のSonetto Iを同時出力(パワーアンプは別々なため、映画時のみ、下のSonetto I用のパワーアンプの電源を入れます)させて、このセッティングにおける「センター」としてセッティングしています。いわゆる、バーチカルツイン効果で、セリフなどをスクリーン中央に定位させようというのが狙いです。また、視聴位置が部屋の最後部のソファとなるため、Amator IIIを移動して、サラウンドSPとして、ソファの真横に設置します。Auro-3Dでは、サラウンドとして使っているSonetto VIIIのLRでは、Dolby Atmosでは、フロントワイドSPとして設定しています。

これらの各フォーマットに対し、Dirac Liveという音響補正ソフトでキャリブレーションを行い、STORM AudioISP MK2というAVプリで切り替えて運用しています。

パワーアンプは

NuPrime STA-9 (2ch×6台)=LCR用 (バイアンプ接続。低域はBTL接続、中高域はMono利用)

Storm PA-16 (16ch)=サラウンドLR(バイアンプ)、フロントハイトLCR、サラウンドハイトLR、リアハイトLR、サラウンドバックLR

OCTAVE  V70 Class A =サラウンド/サラウンドバックLR

ソース機器は

OPPO 205

Marantz SACD 30

Apple TV 4K

電源は、メーターから分岐してオーディオのみの専用回線を引き、STA-9六台、ELACのSW二台とStorm のマルチチャンネルパワーアンプは、すべて200V駆動にしています。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

  1. マイルーム作成お疲れ様であります。こちらの写真なのですがPhilewebからコピー&貼り付けされたようで、見えているのはPhilewebの写真です。Philewebが終了すると消えてしまうので・・・日記のインポート後と同じように、実体のjpgを挿入する作業をオススメします。既に承知でしたら行き違い失礼しました m(_ _)n

    • Nightさん

      本日、更新し、写真も入れ替えました。ご助言、ありがとうございました。

  2. Auro3Dさま、こちらでは初めまして!お待ちしておりました。

     当方も先週、引っ越しをしました。ふかひれ様達のおかげで比較的簡単に引っ越せましたが、自力で作る当方のマイルームは、もう少し時間かかりそうです。こちらでもAuro3Dさまのレポートが購読?できるので楽しみです。

     今後とも宜しくお願いします。

    • たかけんさん

      コメントありがとうございます。確か、今度お会いする予定になってますよね?その時に事情はお話しますが、私はこのサイトでは新規記事を書くつもりはなく、過去のPhilewebコミュニティでの記事の保存をメインにしつつ、「マイルーム」だけは手を入れた際には更新していこうと思っています。

      今後の私の新規記事は、以下のブログで展開していく予定です。

      「Auro3D友の会(非公式・未公認=笑)のページ」

      http://koutarou.way-nifty.com/auro3d/

      もし、Auro-3Dにご関心があれば、たまにはお立ち寄りください。

      では、お会いできるのを楽しみにしております。

      • Auro3Dさま、お早うございます。
        「Auro3D友の会(非公式・未公認=笑)のページ」承知しました。

        当方の広過ぎる敷地と狭い部屋を片付けてお待ちしますが、トップガンとPerfumeと宮本笑里さんに特化した?セッティングにつき「ゲテモノ食い」の覚悟でお願いいたします。(笑)

        • 「ゲテモノ食い」の覚悟ですか・・・ワタクシ、食に関しては結構保守的でして(笑)

          週末お会いできるのを楽しみにしております!

タイトルとURLをコピーしました