誘導目的と判断した日記は削除します。会員規約、ローカルルールを守って平和で活発なコミュニティの維持にご協力ください。

マイ・ルーム  AV編 サラウンド部門

Sponsored Link

こちらでは AV部門の音(サラウンド)系をご紹介します。(2022.12現在)

サラウンドを司る AVコントローラーは

YAMAHA CX-A5200 (2019.3~)

https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/av_receivers_amps/cx-a5200/index.html

7.2.4まで対応出来るAVプリです。 

marantzAV8802(A)からの買い替えで2台目のatmos(:X)対応機です。 買い替えの動機は2ウエイシアター(スクリーン及びTV)対応で それぞれの視聴ポジションでのスピーカーコンフィグ(設定)が欲しかったからです。  YAMAHA独自のCINEMA-DSPは面倒で(何が正解なのか分からない)や新鋭の「AI」は『眉唾』と信用はしていなかったが(笑) 2ウェイシアターには他に選択が無くチョイス。 marantzに対してはAudyssey(当時の)に信用度が私には低く納得していなかった点が多過ぎた。  ただし atmosの素晴らしさや それに伴い新バーチャル技術の「ドルビーサラウンド」を体験させてくれたのはAV8802(A)であった事は事実である。

現実 AVコントローラは市場に少なくmarantzとYAMAHAのみである。 ヤマハは既に生産終了、マランツも時間の問題… newモデルを期待するところだ。  AVコントローラーに関しては先端を走らなければならず一定期間を過ぎれば 買い替えが必要となって仕舞う。 

スピーカーと それを駆動するアンプを紹介します。

AVサラウンドの主役!  ザ・センタースピーカー!

JBL 4429(2013.2~)

 https://jp.jbl.com/4429.html

 

300mm3ウェイスタジオモニター。

 Accuphase A-47(2022.10~)

https://www.accuphase.co.jp/model/a-47.html

  • 純A級動作、45W/8Ω×2のクオリティ・パワー

AVプリからの1chのセンター成分信号を A-47のBRIDGE入力に導き スピーカーA/Bに上下の4429を接続。 A+Bで鳴らす事で180w+180w(8Ω)となっている。  DC漏れの感知があり-3dBで鳴らしてる。

** 持論 **

『映画サラウンド再生に於ける主役スピーカーはセンターだ!!』 『センター以外はすべてが「効果音」担当だ!』

スピーカーの順位としてナンバー2として挙げるのは… LFEのスーパーウーファー。  決してサブウーファーとは呼ばせない!

JBL 4365 (2021.04~)

➡矢印を付けてみたが LFEスーパーウーファーはJBL4365のウーファー部を充てています。 バスレフポートもアリです。

http://ac2.jp/tp/au_jbl4365.html

15インチウーファー。 28Hz~

Integra RESEARCH  RDA-7.1 (2007.08~)

https://integrahometheater.jp/products/rda-71.htm

BAT社とオンキョーによるコラボレーション。 300w×7ch(4Ω)150w×7ch(8Ω)の実力機。 消費電力1050w。 450W×195H×602D 52.5kgのモンスターマシン。 

以下のサラウンドスピーカー及びサラウンドバックスピーカーも受け持つ。

フロントスピーカー

JBL 4365 (2018.02~)

上段の4365のウーファー部はLFE用で専用使用なので3ウェイ5スピーカーとして鳴らしています。 

Accuphase A-60 (2006.05~)

https://www.accuphase.co.jp/model/a-60.html

DUAL MONO仕様で使用中。  純A級 60w×2(8Ω) 120w×2(4Ω) 240w×2(2Ω) 

サラウンドスピーカー(サイドスピーカー)

JBL 4319 (2018.08~)

https://jp.jbl.com/4319-.html

サラウンドバックスピーカー

JBL 4312SE (2018.11~)

https://jp.jbl.com/4312SE-.html

JBL創立70周年記念モデル。 4429採用のウーファーのホワイトコーン仕様。

トップスピーカー

① JBL 4312M2BK (2015.08)

② JBL 4312M2WX (2015.08)

 https://jp.jbl.com/4312MII-.html

トップスピーカー4本は JBL43シリーズの最小モデル4312M2のBK色及びWX色。  小型とは言え鳴りっぷりはJBLStudioMonitor系譜そのもの。

以上がAVサラウンド部門 スピーカー及びアンプ編です。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました