新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

Kensingtonのスリットをふさいでみる 2015

日記・雑記
Sponsored Link

TannoyのCanterburyは、スピーカー両サイドのスリットを個別に開閉することができますが、
Kensingtonのスリットは開放したままの固定となります。
[:image1:]
そこで見栄えは悪いですが写真のようにスリットに詰め物をしてふさいでみました。
写真の状態でやわらかい低音が芯のある低音に変わりました。ふさぐ面積場所によって色々楽しめそうです。
(この詰め物は、緩衝材なので材質は良いのですが、スピーカーとなじむ色の材料を探してみます。)

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました