新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

AV8802Aが来たぞ その3 (Lara Croft Tomb Raider)2015

日記・雑記
Sponsored Link

今回はAV8802とこの間嫁に出したCX-A5000を比較してみます。
CX-A5000時代によく鑑賞していた『トゥームレイダー』でのレビューです。
後半部分の洞窟で鐘を鳴らすシーンでは鐘の共振音で部屋が壊れそうになります。
[:image1:]
このDVDは、音声方式として英語ドルビーデジタル5.1chサラウンド・英語dts5.1chサラウンドの両方が記録されています。
音声方式については米国版ゴジラの時にもレビューしましが、ドルビー<dts となりdtsの方が音質が明瞭です。
聞きなれていたdtsにてAV8802(MOVIE)とCX-A5000(Sci-Fi)を比較するとプレゼンススピーカーに対応したCX-A5000の方が映画館に居る醍醐味を味合わせてくれます。

AV8802(MOVIE)にストレートレコード再生以外に+DolbySurroundというモードがあり
5.1chであれば対応していないサラウンドバックスピーカー・フロントハイトスピーカー・リアハイトスピーカーに対して何かしらの音が再生されるようになっています。(我が家は、トップスピーカーをCX-A5000時代のままの設置いちのためハイトスピーカー設定をしています。)
鑑賞時にこのdts+DolbySurroundにするとCX-A5000(Sci-Fi)にほぼ近い醍醐味を味合わうことができます。各チャンネルの音質はAV8802Aのほうが上ですので映画鑑賞においてもAV8802Aは合格となります。

各サラウンドのスピーカーチェックようにフロント・センター(我が家は未使用)スピーカーをOFFにしてドルビー・dts・ドルビー+DolbySurround・dts+DolbySurroundを聴き比べるとなかなか面白いです。

#おまけ、
本日某湯島の店にて『ジュピター DolbyAtmosブルーレイ体感上映会!』のイベントに参加してきました。
[:image2:]
ストーリーはよくわかりませんがDolbyAtmos効果の効いた作品でした。(8月5日発売予定)

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました