新規会員登録の際、X(旧Twitter)のフォローやメッセージをご確認頂けず、登録保留の方もいらっしゃいますので、Xへログイン頂きご確認をお願いします。

7thウィーン オーディオ サウンド反映まとめ

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

7回目のウィーンで得たことは何か?、得たことをどのように自宅のオーディオ・サウンドに反映したのか?

この内容を整理しておこうとしていましたが、くさくさする飛び込み案件があったので手つかずになっていました。ですが記録は残しておかないと、その時の思いと実施したことは忘れてしまうので、思い出しながら整理しておくことにしました。

 

<7thウィーンで得たこと>

1、認識は常に新鮮な状態にしておく必要がある

一番大きかったのは、以前の体験からの感覚と今の感覚で感じたことには乖離があると認識したことです。

・ムージークフェラインは「どこで聴いても同じ音」と思っていましたが、座る場所で聴こえ方は大きく異なること

・ムージークフェラインは「怒涛の低音」と思っていましたが、それほどでもなく、むしろ低音の被りは明瞭さをスポイルすること

◇思い込みや固定観念は怖いです。認識は常に新鮮な状態にしておく必要があると思いました。

 

2、目標とすべきサウンドはムジークフェラインの1階バルコニー中央通路付近の音

今回のムジークフェラインではいろいろなポジションで聴いてみました。その中で、琴線に触れるサウンドは1階バルコニー中央通路付近の音でした。明瞭で、会場の響きをたっぷりと感じ、ダイレクト感のある音でした。計測上の音圧レベルはそれほど高くなくても、音圧はとても高く感じます。新たな指標としたダイレクト感は、誤解を招きやすい言葉と思いますので補足しておくと、演奏する音が自分に向かって色濃く直接的に伝わるか否かの感覚と定義しました。例えば、ムターのヴァイオリンは遠く離れていても近くで聴くように芯のしっかりとした音に感じること、シフのピアノは遠く離れていても近くで聴くように芯のしっかりとした音に感じること、このような感覚です。ムジークフェラインで聴いたゲヴァントハウス公演では、100人近いオーケストラの音が、芯のしっかりとした音で迫ってきて圧倒されました。

 

3、目標の音は、直接音と初期反射音と響きのバランスから得られる音である

このサウンドはどのようにして得られるのかを文章にすることは出来ません。体感するしかないと思います。そのために現地まで聴きに行って身体で覚えて来ることが必要だと感じています。身体が覚えたからと言って、オーディオサウンドでそれを再現するには課題が付きまといますが、山が高いほど挑戦のし甲斐はありますね。しかしながら、この音は「直接音と初期反射音と響きのバランスから得られる音」であることは体得しました。生演奏とオーディオ再生には、「オーディオでは、ソフト内にあらかじめ響きの情報が入っている」という面が異なります。それでも、この違いは置き換えを行っていけばよいと想定していますが、大きな課題であることは間違えありません。

 

<7thウィーンサウンドに向けた取り組み>

4、認識違いは正すこと

今まで「怒涛の低音」と感じていましたが、それほどでもなくてむしろ平土間前方では低音の被りから中域高域が不明瞭となる弊害を感じました。この点は調整のし直しが必要です。そのために実施したことが下記となります。

セラミック炭を活用した低音調整の見直し 

 

5、これまでの認識はより磨きをかけること

響きが芳醇なのに音が混濁しない・・・これは簡単そうで難しいことです。自分のリスニングルームで最初に音響の取り組みを実施したときは、音場感は満載となったのですが混濁して不明瞭な音となってしまいました。「音場と音像の両立」この課題が難しいことは、取り組んだことがある人なら感じることだと思います。

 

そのために、下に低域、真ん中に中域、降り注ぐ高域で層別させることで「響きが強いのに音が混濁しない」と感じるのはムジークフェラインの特徴のひとつと感じています。定在波による低域のあばれを抑えることは、音を混濁させないことの一助となります。

セラミック炭を活用した低音調整の見直し 

 

6、スピーカーから出る音の純度を高めること

スピーカーから出る音の純度が高ければ高いほど明瞭で澄んだ音が聴けるのは間違えないです。だからノイズを減らし、スピーカーから出る音をクリアにすることはどんな音を求めるにも共通したことかと思います。

KaNaDe6ESの採用 

 

電源ブレーカー工事  –

 

7、鑑賞向きの音への調整

音の純度を高めていくと、徐々にモニターライクな音となって来ます。それはいい音とは感じるのですが、鑑賞向きの音かと言えばちょっと違うような気がします。音をほぐして、柔らかく広がりのある音。狙って得られたものではありませんが、CDの静電気対策は鑑賞向きの音質に寄せるために有効な手段となりました。

CDの静電気対策  –    

 

8、気になる部分の微調整

ステップを踏みながら音を追い込んできたつもりでも、気になる部分はいろいろと出て来るものです。ただ、この気になる対策はある程度まとめて実施するのが効率的ですね。例えば、機器を代替えした時、スピーカー位置を動かしたとき、大きく音を変えたときなどです。今回は、大きく音を変えた時のケースとなります。そして、この気になる部分のつぶし込みはその後もずっと続きます。気になる点が出たら潰し込む。これを繰り返していくことで、完成度が高まっていくと感じています。

仕上げ – 7th Wienサウンド -  

 

実際の話、上記の仕上げの後も諸々のつぶし込みや、小ネタのお試しは実施しています。まだ目標の音には遥か及びませんが、これまでよりは自分が求める音に近づいている実感はあります。この充実感が原動力となって、いつまでも終わらない長い旅は続いてゆきます。

 

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました