新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

オーディオ刑事物語 「邪教?もくもく教団に潜入」パート2

日記・雑記
Sponsored Link

俺の名前は高速 真人男(タカハヤ マジオ)。
埼玉県警特殊詐欺対策課の警部です。

消息を絶った先輩の手掛かりを見つけるのに2ヶ月半もかかってしまいました。名前の割に仕事が遅いです。


先輩というのは木の削りカスを遺して行方を眩ました千屋寺 沙羅(センヤジ サラ)巡査。千屋寺 沙羅が誰だかわからない人は こちら を見て欲しいです。女? 違いますよ。 先輩なのに巡査?  これだから勘のいい◯◯は。。。

数年前から埼玉県を中心に勢力を増してきた新興勢力の事案に、先輩は首を突っ込み過ぎて消息を絶ちました。俺は新たな手掛かりを求めて再び千屋寺さんの部屋にやって来たのです。

【千屋寺の部屋】
[:image1:]
何か変わった所はないかな。部屋にはいつもの美しいスピーカーが。。。んんん!?

バスレフポートが塞がれている!


それだけじゃないです。中高域ユニットの角度も変わっていますね!もっと入念に調べなければ。おや!?こんなところにマイクが!床にテープ留めされたメジャーが。さては


測られた!

しかしこれだけでは十分とは言えないのです。壁のコンセントを見てみると。。。あああなんということでしょう!見覚えのある木材です。OMG!

重要な手掛かりをつかんだ俺は千屋寺さんの部屋を後にしようと振り返ります。

テーブルには千屋寺さんが作ったと思われるお好み焼き状の物体Xが残されていました。自作王の遺作か?2ヶ月半経ってもなお痛んだ様子は見られない。さすがだ。まるで出来立てのようだ。しかし青のりとかつお節がないあたりが千屋寺さんらしい。

俺は半分平らげてMSDKのアジトへ向かいました。
[:image2:]
(千屋寺さん 美味しい昼食ありがとうございました。)

【MSDKの最新アジト】
[:image3:]
俺は恥知らずにも他県の有名なもちもちした土産を手にもくもくしたアジトへの潜入を果たしました。教団ナンバー3にして広報担当の充実した設備を目の当たりにするのです。

視界に入る全てのエリアが教団様式で飾られています。そして祭壇の前には新たな希少木材(生贄?)が献げられています。さぁさぁこちらへと誘われて中央の席へ。

最初に出された音に舌を巻きます。

「もくもく」なんていうから木の香漂う美音を想像した俺は浅はかでした。その音場はアクリルガラスの様に透明で、その低音はCNC旋盤で入念に削られたアルミ合金の様に正確無比に飛び交います。

それだけではない。変わるのです。音が。

音が変わる前にはちょっとした儀式があります。
 カチッ(何かのリレーが落ちる音だろうか)
 ピュルルルル(太古のステレオ、S-65シリーズの電源オフ時の様な)
 カチッ(何かのリレーが入る音だろうか)

その間わずか30秒。

変わり過ぎると言ってもいい。まるで機器を変えたようにふんわりフルーティーな音になりました。ZABADAKライブのボーカルに唇のニュアンスが感じられ色気が乗ります。

気圧されていると「こんなに音が変わるコンセントベースは嫌だって顔してる 5:22 PM · Mar 21, 2019」と煽られ たじたじです。今はボーカルの時かなと永遠の17才系統から堀江由衣を拝聴。

こちらは残念ながら読みが外れ。メインボーカルは先ほどと変わらず情緒豊かですが、周囲が主張し過ぎてまとまりを欠きます。相性はジャンルではなく録音ひとつひとつに細分化している事を知ります。「嫌じゃないですよ、むしろご褒美です」と俺。

先ほど私を柔らかい皮のソファーに誘った主がカチッ ヒュルルル カチッの儀式を行う間にアジト内部を観察します。

適度に広く適度に天井が高い。リスニングポイントの後ろに大人3人すわれる大型の吸音材。壁の要所にはシンプルデザインの拡散材。前後外壁、左右内壁という徹底ぶり。


と感心している間にも黒い樹脂、金属系複合と次々襲いかかるカメレオンサウンド。新居昭乃のWelcome to Riskcaution Corporationとチェコの夢 ~ Fallでは深く速い低音に打ちのめされ回転音源は回転体の重さをころころ変えます。

複合素材は情報量は多いですがソースによってシェーカーやハイハットが強調され普段聞き慣れたバランスからはややドンシャリ気味。もちろん音源やEQをいじっている訳ではありません。ケーブルひとつ変えていないのです。

付加された音なのか音源本来の姿をさらけ出した結果なのか。奥行きさえまるで別物の様に変化させてしまう程です。しかしこれ程変わっているように感じられても 計測には乗らない可能性があります。


今回の潜入捜査の結果はこうでした。

 ① トーンウッドで音は変わるがひとつのトーンウッドで全ての音源が(中略)というわけではない。向き不向きがある。
 ② 下流はオールマイティー。ゆるくも鳴らせる。ピシッとも鳴らせる。
 ③ MSDKさんは謙虚で慎み深い。


ただ、謎が残った。



オーディオ刑事は何故姿を消したのか。。。

(MSDKさん 希少な体験をさせていただきありがとうございました)

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました