新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

Diretta 新ファームのASIO、バッファとレイテンシー

日記・雑記
Sponsored Link

Diretta新ファーム91_1でASIOとDirettaのバッファ設定が可能になりました。WindowsではテシコンのUSBドライバが優秀で、バッファに加えてレイテンシーの設定もできます。新ファームで少し追いついたことになります。

ASIOとDirettaのバッファ、両方を最小にしてみます。256 x 3 = 768 samples(約0.017秒@44.1kHz音源)がHostバッファとなります。
[:image2:]
TuneBrowserの表示も 256 になっています。切れの良い、滑らかで精細感のある音です。64か32まで下げて、もっとレイテンシーを良くしたい気もします。バッファ小=レイテンシー良 となり音の透明感が増しバランスが整ってきます。私はイーサネットの受信・伝送バッファも最小値にしています。しかしリアルタイム性を上げるとPCに負荷が掛かりますので、限度を超えると歪み始めます。

女性ボーカルで変化を確かめてみます。

サラ・ブライトマンのシュテファン大聖堂のライブ録音CDには、ホワイトノイズのような高音の歪みがあります。マイクかPAの発振かもしれません。ソロパートで耳に付きますので残念です。デジタル加工も目立ちます。
[:image1:]
ラスベガスのライブ録音CDは、MGMグランドの広大な音響空間が目の前に広がります。しかし低音がブーストされており、専用室では聞き疲れします。
[:image3:]
バランスが良いのがバーバラ・ストライサンドのニューヨーク・ライブCDです。
名作映画の主題歌の数々が繰り広げられます。その歌唱力はもちろん、ミュージカル出身だけありトークのおもしろさ、観客とのジョークのやりとり、人生のエピソード。すばらしい感動の時間をありがとう。
[:image4:]

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました