新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

Diretta と CPU の速度制限で低ノイズ、ジッター計測

日記・雑記
Sponsored Link

foobar2000+Diretta初期設定状態でのDeltaWaveの計測において、可聴域20Hz-20kHzで非常に良い結果が出ました。グラフの座標は位相角ですが、これはジッターにより変動すると思われます。

 みみず工房記事 2020/09/025(PC_Audio) Delta Wave

この結果を受け、DirettaとCPUの速度制限で低ノイズを目指してみます。
Diretta初期設定速度はHighですから、Super05000まで落としてみます。
[:image2:]
CPU速度は半分にしてみます。電源オプションで最小最大両方とも50%に、冷却ポリシーもパッシブにしてCPUファン速度も下げます。
[:image5:]
CPU速度は1.62GHz、使用率も9%となりました。リソースモニターで見ると50%固定のまま数分間隔で次々とコアを飛び移っていきます。
[:image3:]
このCD、アバドのアレクサンドル・ネフスキーはたいへんダイナミックレンジが広く、打楽器の低音が凄まじいのですが、DACデジタルボリュームの音量を3dB上げ -9dB にしてもうるさく感じません。音質的にネガティブになったところは何もなく、むしろ音量を上げられることで迫力が増し、帯域バランスも良くなったように思います。
これはDiretta Super20000から5000に下げたことで、HostPCに加えてTargetPCのノイズも低下したためと思われます。CPU速度半減させたため、デコードバッファは2倍に増やした方が安全です。
[:image1:]

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました