新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

ピンクフロイド&ヒプノシス:1970年代アートワーク集団@ロンドン

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

レコードの楽しみはジャケットのアートワークにもありました。回転する盤に針を落とした後、見開き60cm横幅の絵としておもむろにじっくり味わうことができました。以下写真はDiscogsから引用

1968年にピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズからアルバム「神秘 A Saucerful Of Secrets」のアートワークを依頼され、ヒプノシスのキャリアがスタートします。その後シド・バレットのソロを含め「アニマルズ」までピンク・フロイドのアルバムすべて担当しました。

最も有名なのが「狂気 Dark Side of the Moon」でしょう。プリズムで現れる虹が無限につながります。

内側見開きです。音楽冒頭の心臓の鼓動、虹が鋭いパルスの形になっています。

「炎〜あなたがここにいてほしい Wish You Were Here」はルネ・マグリットのような不思議な絵です。

「アニマルズ Animals」は実写で、テムズ川沿いにあるバタシー発電所の上空を長さ40フィート(約12m)の豚の風船を飛ばして撮影が行われたそうです。

他のグループではT・レックス「電気の武者 Electric Warrior」やエマーソン・レイク・アンド・パーマー「トリロジー Trilogy」が有名ですが、ヒット作としてはウイングス「バンド・オン・ザ・ラン Band on the Run」でしょう。1986年の活動停止まで300タイトル以上ありますが、松任谷由実「VOYAGER」がほとんど最後となります。

個人的に好きなのは幻想的な物語性のある絵柄で、例えばレッド・ツェッペリン「聖なる館 Houses of the Holy」

内側見開き

アシュラ「コーリレイションズ Correlations」

ウィッシュボーン・アッシュ「百眼の巨人アーガス」

70年代ブリティッシュ・ロック勃興期に活躍し、音楽にアートワークの付加価値を与えたヒプノシスの紹介でした。私のアナログ環境

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました