新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

2018年:私的オーディオ総括(音楽編)

日記・雑記
Sponsored Link

オーディオの目的は音楽再生。今年も、例年通り消化不良ながら素晴らしいコンサートや音源に出会うことが出来ました。

「ベルリン・フィルハーモニー」
欧州に20年以上も住んでいながら10月に初めてベルリンを訪問しました。まさに生ベルリン・フィル初体験。鑑賞したのは
Leonard Bernstein: Divertimento for Orchestra
Gustav Mahler: Symphony No. 5

Gustavo Dudamel conductor
Berliner Philharmoniker
[:image1:]
上掲写真はWall Street Journalから。満を持して選択したプログラムです。席は2階最前列のど真ん中。
[:image2:]
第1楽章のトランペット、第3楽章のホルンをはじめとする管楽器が素晴らしい。ホール一杯まで満たす音量はベルリン・フィルならではです。自宅システムの再生をイメージしましたが、これはウチでは無理と完全に白旗。
鑑賞前に参加したフィルハーモニーのガイド・ツアーも興味深いものでした。

「ヴェローナ野外オペラ」
7月、英国の旅行社が主催するツアーに参加してヴェローナを旅しました。4泊5日の日程で野外オペラを3作品鑑賞しました。
昼間のオペラおよびヴェローナ/イタリアに関するレクチャーと市内観光、朝夕の食事とアリーナの席まで付いたフル・パケージのツアーです。
Turandot
[:image3:]
Aida
[:image4:]
Nabuco
[:image5:]
日没前の午後9時に開演。深夜過ぎまで続きます。いずれもスペクタキュラーな演出で、大興奮しました。驚きは、収容人員2万人、2000年の歴史のあるアリーナでの舞台をPA無しで演じ切ることです。アリーナの残響と相俟って音量不足を感じません。夏のイタリアの夜を背景にしたオペラは正に「体験」でした。

「ロンドン」
ロンドンは、大体、東京と同じような頻度で一流の奏者のコンサートがあります。違いは常時オペラを鑑賞できることと、チケット代が随分と安いことでしょうか(それでも欧州大陸と比較すると割高です)。
今年も幾つか鑑賞しましたが、個人的にベストだったのは3月にBarbican Hallで催されたキーシンのコンサート。
[:image6:]
Beethoven Sonata No 29 in B flat Hammerklavier
Rachmaninov Preludes;
Op 23 Nos 1-7
Op 32 Nos 10, 12 & 13

「ミュンヘン・ハイエンド」
今や世界最大のオーディオ・ショーとなったミュンヘン・ハイエンドに初めて参加しました。2泊3日の日程で会場に1日半程度居ましたが、あまりにブースが多く駆け足での鑑賞となりました。
明確な目的意識が無いと訳が分からなくなります。一度は体験するのも良いかな、という感じです。
[:image7:]

CDを中心とする2018年の音源は、GRF邸での音楽体験で刺激されてポチッたものが大半です。多くはパグ太郎さんはじめGRF邸を訪問された方が素晴らしいレポートを書かれています。

2018年:私的オーディオ総括は以上です。お付き合いありがとうございました。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました