新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

プリアンプ製作

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

関連する前の記事

 これまでフォノイコライザとして、45年以上前(学生時代)に製作した金田式DCプリを愛用して来ましたが、今回、新たにプリント基板(前回は蛇の目基板)で製作し直してみました。

正面は、

裏面は、

生基板は、

 今回も(シングルエンドの初期型)金田式DCプリアンプをベースとし、それに、FET/TR耐圧超過の対策等の変更を加えた回路としました。

 尚、ローブーストも入れましたが、一般環境では使う機会が殆ど無い為、その必要性は乏しいので、省いても実用上支障はないと思います。
 通常のスピーカシステムはバスレフ型故、振幅を増やしたとしても 空振りする丈で、(超)低音再生は不可能であり、縦令、密閉型であったとしても、口径に比して小型のものや、Qが高いものが殆ど故、Fo共振が強調される丈で、反って聞くに堪えない音になる…。

 参考までに回路図です。

補足として、
 電源トランスは、リケージが少ないトロイダルやカットコアをお勧めします。(尚、EIを使う場合、別筐体とすれば、S/Nの問題は回避できます)

 当初、EIを同じ筐体内に収める計画で、その配置を検討したのですが、以下の如く、

 取り付け難く、強度も得られない位置/角度としなければ、S/Nを確保できない事が判明。結局、(死蔵していた)以下のカットコアに帰着し、あっけなくS/N達成。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました