誘導目的と判断した日記は削除します。会員規約、ローカルルールを守って平和で活発なコミュニティの維持にご協力ください。

ファントムセンターの時のエネルギーと音圧合成

日記・雑記
Sponsored Link

Auro3Dさんの日記のレスの中で、私が、-6dB音量を下げてファントムセンターにすると、総エネルギーが半分になるので、二つのSPではセンターSPに完全に等価にはならないと発言したところ、それについてのレスが沢山ありました、Auro3Dさんに悪いので、代わりにこの日記を作りました。単にレスの続きということです。

私は以下のレスをしました。
>ファントムだと再生エネルギーが本来あるべき出力(リアルの場合)の半分になる

Yes,-6dBで音圧半分の条件でファントム再生すると、部屋に放出される音響エネルギーの総量は半減します。エネルギー保存則はどのような場合でも成り立ちますので、足し算できます。音圧の足し算は何時でもできるとは限らないので、このようなことになります。ご存じない方は多いです。

ミネルバさんから 以下のレス(一番最後のもの)を頂きました。

Tomyさん、
>音圧(振幅)を半分にして、左右に分けると、

これならそうなりますが、私は音圧を1/ルート(2)倍にして振り分けているのではないか、と思っています。

昔、センタースピーカーの音を振り分けるのはアナログ・ダウンミックスで行っていました。DSPの演算能力も計算ビット長も少なかったため、音質を考えるとアナログでやるしか方法がありませんでした。でも今はすべてデジタル・ダウンミックスで行っています。
このことはAVアンプメーカーに聞きました。
おそらく1/ルート(2)倍の計算も楽勝では。

インフレーション理論によればエネルギー保存の法則は成り立ちません。宇宙創成時の話ですが。

以下、ご自由にレスお願いいたします。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました