新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

YUNDI LI(ユンディ・リ)オールショパンピアノリサイタル

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link


4月17日土曜日の夕方、夕闇迫る大阪市内にあるザ・シンフォニーホール

ブログの方もご覧ください。

今日は中国人ピアニスト、YUNDI LI(ユンディ・リ)のオールショパン、ピアノリサイタルの日だ。

2000年のショパン国際ピアノコンクールで、あのブーニン以来15年ぶりの優勝を飾った中国人ピアニスト。
小生が座ったのは、パイプオルガン席の右側で、ピアニストの顔が見える場所だ。

今夜のプログラムは、ショパン生誕200年記念とした、オールショパンプログラム。
曲目は、夜想曲 第1番、第2番、第5番、第8番、第13番、アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
休憩を挟んで、4つのマズルカ op.33、ピアノ・ソナタ 第2番 「葬送」、そしてポロネーズ 第6番「英雄」というもの。

背筋をピンと伸ばし颯爽と現われたYUNDI LI。
観客は圧倒的に女性が多く、さすがイケメンピアニスト(笑)
演奏は、ミスタッチの全くない完璧なもので、最後までショパンの煌くようなピアノタッチがホール全体を包み、天井の反響板から再びホールの座席まで下りてくる。
その響きは華麗にして煌びやかで、しかも力強い。

17時から19時半過ぎまでたっぷりショパンの世界を堪能した。

コンサートがはねた後は、東梅田にあるビヤレストラン、キリンケラー・ヤマトへ。
コンサートの余韻を肴に美味いビールと美味い料理を楽しんだ。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました