新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

NASのHDD容量アップ作業中

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

今年もあと僅かになり、拙宅のオーディオ関係というかデジタルアーカイブ体制の強化を行い、安心して2020年を迎えることにした。

自宅に設置している QNAP製のHDD2ベイ型のNASは、日々増加するデジカメや音楽データなどのバックアップに活躍している。

設置当初は3TBだったが、HDD価格の低下と大容量化に対応して4TBに換装していた。
そして今回6TBのHDD価格が低下したのを機にNASの容量アップを実行することにした。

QNAPの構造は、最新型ではHDDベイが引き出せるタイプになっているが、拙宅のタイプはHDD2枚を内部に固定する旧式であるが、作業は意外と簡単である。

先ず、NASの電源を落としてLANケーブルと電源ケーブルを取り外す。
次にケース固定ネジを外してケースを取り外すと、2層に取り付けたHDDが見える。

今付いている4TBHDDの内1枚だけを取り外して6TB HDDに換装、今回は次の作業を考えて下側のHDDを換装する。

HDDを固定しているネジを外して下側のHDDを取り付けるが、作業自体は簡単で慎重にやっても数分で終わり。

NASのHDDバックアップ方法はRAID1を使用して常にミラーリングされているので、片方のHDDがクラッシュしてもデータは守られており、新しいHDDに交換すれば、フォーマットからバックアップまでを自動で復旧作業行してくれる。

今回先ず1枚めのHDDを4TBから6のにTBのに換装したので、復旧作業が終わればもう1枚のHDDを換装すれば2枚ともに6TBのHDDに容量アップが完了。

取り外した4TBのHDDはTV録画用に再利用のためフォーマットし直し。

これでバックアップ作業も容量を気にせず行うことが出来る。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました