新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

ショーンバーグからシェーンベルクへ:ファウスト「ヴァイオリン協奏曲・浄夜」によせて

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

                    2020年02月15日 

イザベル・ファウストの新作は
シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲と「浄められた夜」の
カップリングです。
CDを入手して数日ですが、ミセラレタカノヨウニ
何度も繰り返し聞いてしまいます。。。

最初に収められているのは、ヴァイオリン協奏曲なのですが
ご存知のように、渡米後、割とすぐの1934-1936年に
十二音技法で作曲されたものです。
シェーンベルクはハイフェッツを想定して書いたようですが
ハイフェッツは初演を断ります。
そういういわくもあったせいか
あるいは技巧的に難しいということもあるのでしょう
意外に録音はそれほど多くなく、
私が聞けたのは5ヴァージョンほど。
よく知られたところではハーンのものでしょうか。

ファウストのヴァージョンは
まず一聴して分かりますが
切れ味抜群のカミソリのようなヴァイオリンで
あまりのキレ味なので、聞いていると逆に爽快な感じさえするほどで
(十二音技法ですが。。。)実によく唄っているな~と率直に感じました。
テンポはあえて抑えて、
一音一音をアーティキュレーションよく聞かせる感じ。
ちなみにハーンの最速ヴァージョンが30分弱なのに対し
ファウストのものは35分弱です。
でもスピード感が鈍っているかというと
そんな感じは受けませんでした。
むしろ情感の表現としては
テンポを抑えたのは正解だったように感じました。

驚いたのは、
次に収録されている「浄められた夜」へと続く違和感のなさでした。
1899年の弦楽六重奏版なのですが
技法的にもドイツ後期ロマン派の枠内で書かれた初期の作品です。
もちろん同じ作者のものだから
違和感がないのは当然なのかもしれませんが
ボーッとして聞いていると
2曲が同じ時間の流れの中で経過してしまうのです。。。

やはり和声の感覚のようなものが共通しているからなのかな~と。
ひとつそういうことを考えさせる逸話があります。
以下Wikiからの引用です。
ヴァイオリン協奏曲が書かれた時期と重なるのですが
ジョン・ケージが1934年から1937年にかけて
南カリフォルニア大学のシェーンベルクのクラスで学んでいました。
あるときシェーンベルクはケージに
「音楽を書くためには、和声の感覚をもたなければならない」
と言ったそうで、それを聞いたケージは
自分が和声の感覚を全くもっていないことをシェーンベルクに告白し、
すると、シェーンベルクは
「それは君にとって音楽を続けることの障害になるだろう。
ちょうど通り抜けることのできない壁につきあたるようなものだ」
と伝えると、
ケージは「それなら、私は壁に頭を打ち続けることに一生を捧げます」
と答えた
というエピソードなのですが
確かにケージとシェーンベルクは、この点大きな隔たりはあったのでしょう。
お郷がちがうのだな~と感じます。
若いころから苦労しながら音楽を学んだ師は
クラシック音楽の論理的帰結として
十二音技法へと世界を拡張していったのでしょうし
ノイズと楽音の本質的な差異を感じない弟子の進む道は
自ずと異なることになったわけです。

ケージがそう呼んだかわかりませんが
渡米後、シェーンベルクはショーンバーグと
アメリカ式に呼ばれたそうで
このファウストのアルバムは
ショーンバーグと呼ばれるようになった作曲家から
シェーンベルクの音楽の全体像を逆照射するような
アルバムだと感じました。

興味を持たれた方はご一聴を。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました