新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

春待ち浪漫2020:不要不急篇

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

                     2020年04月05日

昨今、最もよく聞かれるようになった四字熟語といえば
やはりこれかということで、
サブタイトルにしたくなってしまいました。。。
音楽やオーディオの情報なんて
まあこれの最たるものでしょうが。。。ということぐらいで
他意はありませんので、あしからず。

でも、こういう時だからこそ
歌舞音曲のありがたさが分かってくるっていうところは
あるんじゃないでしょうか。
「クラシック倶楽部」(の録画)を最近よく見ているのですが
我が同胞の、それも若い音楽家たちに力をもらうっていう体験が
なぜか続いています。

まずはベルウッドさんからすでに詳しいご紹介があった
カルテット・アマービレの演奏会について。

これはホントによかったです。
何度も聞いています。
1曲目のウェーベルン:弦楽四重奏のための緩徐楽章から
グワーッと心を鷲掴みにされてしまいました。。。
ヴィオラ、チェロがかなり骨太な印象がまずあって
その土台がしっかりした上に、
ヴァイオリンがしっとりと乗っかってくる趣がありました。
そしてブラームス:弦楽六重奏曲 第1番です。
四人の師である磯村和英、堤剛のサポートも加わって
先述の趣はいっそう強まり、
活き活きとしたエネルギーが弾けていくのです。
四人とも二十代で、まだまだこれからの音楽家たちなのでしょうが
これだけ濃密な表現ができるのは、かなりの驚きでした。
不思議なケミストリーがある四人です。
大切に育てていってほしいな~
率直にそう思いました。
放映はありませんでしたが
当日はシェーンベルク:浄められた夜も演奏されてたみたい。
いや~これも聞きたかった~~
「アラカルト」の放映時にとりあげられるかもしれないので
期待して待ちたいと思っています。

続いては3月27日放映の
小林沙羅&山本耕平 デュオ・リサイタル~福島県棚倉町公開収録です。
小林沙羅(ソプラノ)、山本耕平(テノール)、河原忠之(ピアノ)
https://www4.nhk.or.jp/P5215/

エンジョイアブル!
愉しかった!
前半は日本の新旧の歌(曲)
後半は「椿姫」を中心とするアリアを
ほんとに愉しく聞かせてくれました。
小林沙羅さんは、ちょっとファンになっちゃいました。
なかなか芸達者で、表情も豊か
奔放な明るいキャラがよく似合うのですが
強く印象に残ったのは、ひと味違うこの曲でした。

「小林沙羅 / 或る夜のこころー『智恵子抄』より―」
https://www.youtube.com/watch?v=Uu2t0VgX5gI

中村裕美さんの曲も、歌曲調といえばそうなんだけれど
どこか現代のJ-POPを想起させるようなセンスも感じられて
心に残りました。
「こころよ、こころよ
わがこころよ、めざめよ
君がこころよ、めざめよ」
のフレーズは、何度か聞いていると
ちょっとやみつきになります。。。

彼女の新しいアルバム『日本の詩(うた)』も聞いてみたのですが
その最後に谷川俊太郎さん作詞のオリジナル曲が入っていて
これが時節柄もありますが、沁みました。。。
谷川さんの最新の詞だと思います。
でもこのパンデミックを予感していたかのような内容。
不要不急のものかもしれないけれど
それでも今、人間(ヒト)によって詠まれるべき詞。
最後にちょっとだけ言ってみたくなった私でした。

「小林沙羅 / ひとりから」
https://www.youtube.com/watch?v=ZETrV6rXr_0

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました