新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

付録USBケーブルの有効利用

日記・雑記
Sponsored Link

■雑誌の付録
 丁度1年くらい前、某AV誌が、短いお試し用USBケーブルの付録付きで発売されました。この時私はさしたる利用目的もないままに「これはお得だっ!」とばかりに何となく購入してしまいました。しかし今まで一度も使っていないまま手元に残ってしまい、「無駄遣いをしてしまった…」と後悔し続けておりました。]

■気がつくのが遅すぎましたが…
先日ふとAIT-LABO DACの内部写真を眺めていて、オプションで組み込んだUSB接続のためのUDA基板をよく見るとDACのUSB入力端子とUDA基板を繋いでいるのは汎用のUSBケーブルです。これならもちろん簡単に外せますし、オーディオグレードのものとの交換も簡単です。そう言えばおあつらえ向きに短いUSBケーブルが…。思いついたら即実行!(実際にはしまっておいたはずのケーブルが見つからず、悶々とすること約1ヶ月…)

 早速オリジナルのUSBケーブルを外してみますと、こんな細いケーブルを見たのは初めてです。今時の汎用PCパーツでも網線シールド構造が普通です。また、延長も長くUDA基板の廻りでとぐろを巻いております。外して並べてみるとこんな感じ。[:image3:]

■2週間くらいで駆け足比較
紆余曲折がありましたが、4種類のUSBケーブルを試してみると
○ SUPRA…今回のシリーズの中で一番太くて短い(=単価が高い?)ことが災いして、接続不能。

○ ZONOTONE…中低位機の押出が少し強くなり、その分解像度がにぶった感じ。一週間程度聞き続けてみましたが、どうも馴染めませんでした。残念ながらこれはお蔵入り。[:image5:]

ここで援軍登場。追加購入してしまった、エイム電子とWIREWORLDです。

○ エイム電子…中低域のふくらみは収まり、解像度やS/Nも高く感じます。AIT-LABO DACのイメージにはぴったりのような気がします。[:image7:]

○ WIREWORLD…エイムより少し色付けされたきれいな響きが音色に乗るイメージ。そのまま3日間くらい聴きましたが、一番気持ちの良い音。夕べは音楽を聴きながら、どきどきする心地よさで、朝になってしまいました(笑)

■結果
という訳で、当面WIREWORLDのUSBケーブルで行くことにしました。また気が変わったらエイム電子に交換して、すっきりした音を楽しむのもありでしょう。

■今回のメイン試聴ディスク「A WALK IN THE BLACK FOREST」[:image9:]
BSのCD通販で紹介されていてたどりついた、Holst Yankovskyの懐かしい曲。このディスク、Am○zonのレビューでは「録音が悪い」と書かれていました。確かにステレオ初期に良くある、左右が妙に分離した録音もありますが、ポピュラーからクラッシックまで、耳になじみのある曲を元気にピアノアレンジして、楽しいイージーリスニングに仕上がっていると思います。音色も決して悪くないと思うのですが…。

■おまけ
Am○zonで見つけて衝動買いしてしまいました。8Wロウソク球はLEDに換装済み。[:image10:]

===補足===
■SUPRAの逆襲とWIREWORLDの帰還
SUPRA社のUSBケーブルのみコネクター部が長くて硬いため、物理的に接続出来ませんでしたので、1本バラしてみることにしました。カッターナイフ、ニッパー、マイナスドライバーを駆使して、アップストリーム側の樹脂モールドを剥がしてしまうだけです。それにしても硬い…[:image1:]

この状態なら無理なく曲げられます。コネクターのシールド部銅箔は少し傷つけてしまいましたが、この程度であれば問題ないでしょう。
しかしこのままでは見映えも良くありませんし、ショートする可能性もゼロではありません。何よりもおもしろくありませんので、phileweb諸兄直伝のCMCシート+アルミテープ巻き、その後絶縁と見映えを兼ねて熱収縮チューブで仕上げてみました。もともとねじれ構造のSUPRAですから、この仕上がり具合なら十分です。[:image2:][:image4:]

出てくる音は、心なしか低域が細くなり、その分中低域の解像度が上がるイメージで悪くありませんが、やはりWIRE WORLDの方が好みの音色です。

ここまで来たら、WIRE WORLDにもCMCシート+アルミテープでシールドを試してみる事にしました。[:image6:]
きらきらした音楽や女声ヴォーカルだと表現力が上がるような気がしますが、渾然一体となったクラッシック系は、あまり変わったイメージは分かりませんでした。しかしこのままもう少し継続して様子を見ていくことにしました。[:image8:]

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました