新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

初めてのトランス

日記・雑記
Sponsored Link

 引越を控えたこの年度末の押し迫ったこの時期、私は一体何をしているのでしょうか…。なかなか落ち着き先が決まらないため、引越の手配もままならず、つい快楽をむさぼる方向へ転んでいます。

 SMEのトーンアームSeriesVの導入後、M2-9の時には全く発生しなかった「サー」という残留ノイズに悩まされておりました。いろいろ接続を変えても、電源系のハムノイズの時と異なり、増減の様子が見られません。当方が使用しているフォノイコライザーはガレージメーカー合研ラボのCR型イコライザーですが、アームとの相性なんてあるのでしょうか…。「アームに原因があることは無いと思います」と言われているので、当面様子を見ることとしておりました。

 そのような中、アナログ再生時の音量が低く、大音量好みではない矢切亭でもボリュームを-20dB近くまで上げないと、そこそこ楽しめない状態は課題と考えていました。そこで消費税導入前にというわけではありませんが、良い機会だと考えてステップアップトランスを入手いたしました。

 お手頃な中古品Fidelity Reserch社のFRT-5です。この昇圧トランスは入力が3つでセレクター機能があること、ロータリースイッチ一つでバイパスができるので、MMも使用できることが特徴です。
ロータリースイッチの感触は安っぽさが無く、なかなか良い感じです。ケーブル直出しで少しプアなので、いずれはリケーブルなど試してみたいものです。
[:image1:]
上段は合研フォノイコGK03Asです。

 実は最初にトランスを繋いだのがオフ会の前日だったのですが、いきなり上手くいきませんでした。音量は上がるのですが、中低域が抜けてしまい、音も全体に歪んでおり、丁度戦時中のAM放送のような音です(ここまで書いたら、正統派アナログ使いの方々はピンと来るかもしれませんね)。仕方なくオフ会はバイパスモードで突入してしまいました。

 後から購入したなじみのショップにメールで照会したところ、「接続が違いますね。(アームケーブル→)トランス→フォノープリ(フォノイコ)の順番です」とのことでした。

 よく考えれば「補正(イコライジング)は誤差が生じるもの」だとするのなら、「誤差含みで昇圧すればひどい音」ということでしょうか。ならば「原信号を昇圧してから補正(イコライジング)」は当たり前かもしれません。しかしこれではフォノイコは一つで済んでしまいます(笑)

 新型のGK05MCRは少し大人しそうなので、写真のように当面GK03Asを使ってみることにしました。

 先日再度接続を修正し、THE SQUAREのMAGICで音出しです。このディスクの聞き所の一つは、曲終盤でエコーのかかったベースギターのソロ演奏部分がどれだけ心地よく響くか。良いですねぇ。なぜか残留ノイズも嘘のように消えています。SPに直接耳をかざしても、聞こえるのは300Bのハムノイズのみ。これでやっとアナログ再生のとっかかりが出来ました。
[:image2:][:image3:]

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました