新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

矢切亭主人の帰還

日記・雑記
Sponsored Link

今年四月、3年間に及んだ遠州暮らしを終えて、やっと矢切亭に戻ってきました。

いつの間にか増えてしまった3人掛けソファーがオーディオルームに鎮座することとなったので、大がかりな模様替えと併せて、従前より左右非対称の原因だった本箱は隣室に移動しました。

以前ピュア系のオーディオラックとして利用していたデコラテーブルは、本来のテーブルとして利用することとしたため、オーディオラックを導入する事にしました。

クアドラスパイアにもちょっと食指が動きましたが、矢切亭は純和風なので、選定したのはADKのソリッドシリーズ。[:image1:]

試しにショップで聞いてみたら「結構大きくて重い荷物でどっ~んと届くし、設置も2人がかりなのであまり値引きできません」と厳しいお話。悩んだあげく、結局通販に走ってしまいました(笑)。

事前の発送連絡が無く、いきなり矢切亭に配送されてきてびっくり。確かに重くて「どっか~ん」な荷物でしたが、大変なのは配送の方で、確かにすごいかけ声だったそうです…。[:image2:]

本体重量はカタログ値53.5kgですが、開梱すれば、一つ一つの部材は持てないほど重くはありませんし、加工精度も高くて組み立ても楽ちん。これなら通販で問題ありませんでした。棚板の位置を変更するときは全ばらしに近いのでご用心。今回のレイアウトでは、棚板位置が結構偶然なぴったりサイズで、一瞬肝を冷やしました。[:image8:]

実は引っ越し前に気がついたのですが、オーディオルームにSP、ディスプレイ、デコラテーブル、ソファーを置くと、どうしてもオーディオラックを置く場所が確保できません。それで矢切亭主人は少し腐っていたのですが、相方に「隣の部屋に置けば?」と軽く言われたので、試しにレイアウトを取ってみたら、思いの外うまく収まりました。[:image3:][:image10:]

まずは最低限の接続で音出し一昼夜。まず気がつくのが、以前は違和感が多かった左右バランスの自然さ。リスニングポジションの右背面にあった背の高い本箱は、思いの外に悪影響が大きかったようです。背の低いデコラテーブルやソファーが、さほど悪影響を感じないのも意外でした。むしろ遠州時代の専用室の方が響きが無くて味気ないくらい。

耳が音になれて、機器のウォームアップも進んだところで、スーパートゥイーターの接続。視聴ソフトはグルマン氏おすすめの「G.A. CRAMP – せせらぎ ~ネイチャー・サウンド・ギャラリー~」。本当にこの手のソースには効果抜群で、水音の響きがぐっと自然さが増して、サウンドステージも広がって聞こえます。[:image6:]
次に、4月の引っ越し以降デコラテーブルの上に飾ってあった(笑)アナログプレーヤーも、やっとお引っ越し。ラックのトップ・センターにぴったり収まりました。詳細なセッティングは後日となりそうですが、やっと格好が付きましたね。[:image9:]

このラックの良いところは、全面も背面も仕上げが良いこと。ぱっと見、どちらが全面か背面かわかりません。今回隣室では背面が玄関口から丸見えなので、ここはポイントが高いです。まぁ、各種ケーブルがとぐろを巻いているので、見栄えは?ですが、接続確認や清掃はとても楽ちん。[:image7:]

これでいつでも安心して音楽を楽しめる状態になりました。
矢切亭は紫陽花の季節になりました。これからはゆっくり音楽を楽しんでいくつもりです。[:image5:][:image4:]

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました