新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

Tung-Sol KT150導入

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

1週間ほど前に、KT150を4本購入しました。
30時間くらいエージングして、音が落着いてきたので報告します。

この球は超大型で卵形をしていて、オクターブのV80SE等に搭載されていますが、実際に音を聞いたことはありませんでした。

常用しているKT120-UL-PP自作アンプの出力管を交換して、バイアスを調整しただけで使用可能でした。
(KT88と比べると、ヒータ電流やプレート電流が20%ほど増加するので、市販のアンプで差替える場合はメーカーに確認が必要です。)

取り敢えず動作条件は、B電圧480V、負荷3.5k(PP)、アイドリング電流は65mAに設定しています。

矩形波で安定度を見ましたが、出力管を6550、KT88、KT120、KT150と変えてもほとんど波形に変化はなく問題はなさそうです。

最大出力(ノンクリップ)のほうは、ちょっと期待外れでKT120と同等で85Wでした。

これは、どうもUL接続時のKT150の内部抵抗はKT120と同等のようで、この球で出力を稼ぐには、B電圧をUL接続上限の600V程度にする必要がありそうです。

肝心の音のほうですが、KT120と比べて低域の分解能(明瞭度)が高くなり、高域は滑らかでスッキリとしています。

KT120では、ATCの重いWFをやっと制動しているようでしたが、KT150では少し余裕がでてきたように感じます。

これから正月休みを利用して、WF:KT150UL-PP、MD:6550UL-PP、TW:801AパラSで、バイアンプ駆動をやってみます。

モノアンプ4台とステレオアンプ1台で電源トランス容量は2kVA近くになるので、AC100Vのブレーカーが落ちなければいいのですが??

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました