新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

PCオーディオ爆走(迷走?)中

日記・雑記
Sponsored Link

停滞気味だったPCオーディオ、Ubuntuが、2年振りにLTS版がリリースされ、
爆走(迷走?)中です。

まず、今までのPCオーディオですが、3台のH/Wは、そのままで、昨年の秋頃から、下記の環境です。
①S/W Roon core
 OS rock
②S/W HQPlayer 4 desktop
 OS Ubuntu studio 20.04 LST
③S/W HQPlayer NAA
 OS Kona Linux 6.0

Ubuntu 22.04 LTSがリリースされ、HQPlayerもそれに対応したので、
②のOS,S/Wを最新に変更してみました。
まあ、少し良くなったかな程度であまり変わりません。

何か変えたいなと思い、
(H/Wの変更も考えたのですが、13世代まで待つのが賢明かな)
HQPlayerに関して、ネットで情報を探っていると、
HQPlayer 4 embedded が目に留まりました。
前から存在は知っていたのですは、どうも敷居が高く、
真剣に調べなかったのですが。

不自然な日本語訳を頼りに情報、インストール方法を探りました。

embeddedは、server OS向けのソフトで、インストールは、コマンドライン、設定は、webインターフェースで行います。
また、HQPlayer embeddedとNAAが内包された、live os(usbから起動)のHQPlayer OSもあります。

インストール面倒くさそう、コマンド間違えたら、、、と躊躇していたのですが、
まず、Ubuntu server 22.04からインストールです。ネットに手順は溢れており、何ら問題なくインストールできました。

次にHQPlayer 4 embeddedですが、インストールには、長いコマンドが必要です。
そういえば、windowsパソコンからリモート操作(SSH)すれは、windowsの文字列をlinuxに送れることを思い出しました。
相当昔、仕事でちょこっとUnixを触ったことがあり、その時の経験です。
仕事が趣味に生きました(笑

ネットで検索したコマンドをwindowsで整形し、SSHで、Ubuntu serverにコピペしていきます。
Embeddedも問題なくインストール出来、早速、音出しですが、
以前から2から3枚ベールが剥がれ、音場が広がって来ました。

これは、良いなと思い、アナログと聴き比べてみたのですが、あえなく撃沈。
アナログの方がさらに広がります。

それでも前よりは、かなり良いので、ベテラン氏に聞いて頂いたのですが、
ボーカルが引っ込むとのご指摘。

やあ、痛いところを突かれた感じです。

それもそのはず、

kona Linuxの作者によれば、
「クリアさや高解像度を求めた音ではありません。奥行きと深みのある柔らかい厚みのある音です。」

「alsa出力では最高音質が得られません。
したがってalsa出力しかできないプレイヤーは使うべきではありません。
たとえばHQPlayerがこれに当たります。」

まあ、音が出るからと使っていたのですが、やはりHQPlayerとkonaは、相性悪そうです。

となると、HQPlayer OS NAAです。
何度、imgファイルを焼こうとしても出来ません。USBメモリーが悪いのか、、、
散々悩まされてましたが、なんて事はありません、ライティングソフトを管理者で実行したら問題なく焼けました。

結果、
①は、そのまま
②S/W HQPlayer 4 embedded
 OS Ubuntu server 22.04 LST
③S/W HQPlayer NAA
 OS HQPlayer OS
になり、GUIも無くなってしまいました。

音は、かなり広がって来ました。

最終的には、②もHQPlayer OSにするか、このままで行くか迷うところです。
(まだ、試してません。)

HQPlayer OSは、PCにインストールすることなく簡単に試すことができますので、
ご興味がある方は、是非、試してみて下さい。

最近、趣味は、オーディオではなく、linuxになってしまいました(笑

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました