新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

フリーソフトで高音質PCオーディオはできるか

日記・雑記
Sponsored Link

このブログ内容は私の見解であり動作の保証はありません。また、登場する企業や個人とは何の利害関係もありません。

Windows10 設定変更ツールでアップデートとメンテナンスの嵐を避け、少し落ち着くと優秀なフリーソフトが見つかりました。コンポーネント追加で機能拡張できる無料の音楽再生アプリケーションfoobar2000です。

[:image1:]
このように多数のコンポーネントがありますが、ASIO supportとKernel Streaming supportが音質向上につながります。ASIOがmacOS CoreAudioでKernel StreamingがAudirvanaのダイレクトモードに相当するようです。

Preferences>Playback>Output>DeviceでKS(Kernel Streaming)を選び、Buffer lengthを最低にします。次にASIO driversで該当するDACドライバをダブルクリックすると設定パネルが現れますので、USB streaming modeをMinimum Latencyにします。Win10ツールバーのサウンドの設定を必ず確認してください。

これでWin10でも音源をワンクリックして即再生、音質はダイレクトモード並みとなります。さらに使いやすく音質向上させるためにはネットワーク化します。これがとても簡単で驚くほどです。

UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Pointというコンポーネントをインストールし、Media Library>Music holdersで音源フォルダを指定すれば初期設定のままKinskyで操作できます。foobar2000がサーバーとレンダラー両方になりますので特に追加するソフトはいりません。KazooはなぜかOpneHome Playerでしか動かず、Audionet Remote Control Point RCPがたいへん良いと感じました。

今はサーバーもレンダラーもコントローラーも1台のPC上に置いていますが分ければもっと音質向上します。その前にまずはプロセスカットですが、Win10 Anniversaly Update 2016が50台で落ち着いていますのでのでそこから始めようと思っています。Fall Creatorsは120以上もあって腰が引けました。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました