新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

MacでリラックスPCオーディオ foobar2000 for Mac

日記・雑記
Sponsored Link

まだベータ版ですがfoobar2000 for Macがようやく実用域に入ってきました。最終的にはWindows版と同等機能になるようで、今回はUPnP MediaRenderer機能が追加されたことでレンダラーPCとのデュアルPCでも動くようです。

インターフェイスはまだとてもシンプルですが、程なくアートワークやジャケット写真など表示できるようになるそうです。UPnP media server browsing機能も追加されるようです。

[:image1:]

PreferencesにもReplayGainとDSPの一部しかありません。
[:image3:]

注目は新しいOutputで、再生中に出力先を切り替えて音質の変化を確認できます。上から順に下にいくほど高音質になると思います。local:UPnP AVとlocal:SoftPlayer-OSXというのは、OpenHome Player for Macをインストールすると現れます。レンダラーPCをネットワークでつなぐとfoobar2000 rendererという表示が現れます。ただしLAN直結しIPアドレスを固定しても、まだベータ版のためか接続が不安定のようでした。

[:image4:]
OpneHome Playre for Macはメニューバーに常駐し、クリックすると再生・一時停止・停止の操作ができます。foobar2000を隠して(コマンドキー+Hかマイナス記号をクリック)OpneHome Playerだけで操作するとデスクトップがすっきりします。

[:image2:]
どうしてもアートワークが欲しいという方は、設定が複雑で難しくなりますがMinimServerやBubbleUPnP Serverを入れて、KazooやAudionet RCPで使ってください。ただ私には音はfoobarのほうが良く感じられました。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました