新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

MacとLinuxで簡単高音質PCオーディオ

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

foobar2000 for Macの UPnP MediaRenderer Outputコンポ―ネントが完成しました。機能的にはWindows版と同じで、ネットワーク上にあるUPNPデバイスを自動検出しストリーミング形式で送出することができます。Linuxの無料音楽再生ソフトをレンダラーとすることもできます。

Linuxの音楽再生ソフトは特化した軽量の専用OSで動くため、たいへん簡単に高音質レンダラーにできます。例えばVolumioはUSBメモリにイメージファイルをインストール、Windowsが動くPCのUSB端子に刺したままPC電源を入れると自動で起動します。

ダウロードするファイル名は PC(X86/X64) ですから間違えないようにしてください。PCのBIOSで「標準オーディオを無効」に設定すると、USB出力だけになり音質向上するそうです。

操作画面も分かりやすく UPNP Renderer> Active にするだけです。

LinuxはMacと兄弟にあたるOSですから相性も抜群、レンダラーに最適なラズベリーパイという名刺サイズの超小型ファンレスPCで進化しています。USB変換せず、GPIO端子からIC間の通信に使われるI2S信号を直接DACに送れるため、たいへん鮮度の良いクリアーな音になります。

お勧めしたいのはMoode Audio Playerです。詳細な設定ができます。

I2SでつなげるDACによっては、デジタルフィルターを選ぶことができます。
Configue> Audio> Devices> EDIT OPTIONS

4種類あるうち最上段が初期設定です。私は音像がくっきりする最下段のフィルターが気に入ってます。
Audio buffers> Buffer fill before play >Disabled にすると、さらに効果が上がるように感じます。

MacのSafariなどのブラウザーで moode.local と入力、リターンキーで設定画面が出ます。ラズベリーパイにはLAN端子をつなぐだけで、すべての操作はMacからできます。
ラズベリーパイの設定方法は以下のHPをご覧ください。Macだけで完結します。

 ラズパイで音を楽しむ。 | サンワダイレクト

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました