新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

64bit MoOdeAudio と foobar2000 の高音質設定

日記・雑記
Sponsored Link

MoOdeAudio と foobar2000がバージョンアップし、さらなる音質向上しました。特にMoOdeはラズパイ4対応など進化が速く、着実に進歩しているfoobarと組み合わせることで相乗効果があります。

64ビット・カーネルでMoOdeAudioを動かすとレイテンシーの顕著な向上が感じられます。出音の透明感と切れの良さは、32bitから64bit OSに切り替えた動作速度向上そのままの変化です。Windowsでも過去の32bit版を使うと現行の64bit版と比べてあまりの遅さに愕然とします。
[:image1:]
システムのタイマー割り込み間隔 Kernel timer freq=250Hz と、32bit=100Hzから2.5倍加速されています。WindowsのOS Timer Resolutionに相当します。
[:image2:]
foobar2000は以下の設定を試してみてください。さらなる音質向上を感じられるでしょう。
Preferences> Advanced> Playback> Thread priority (1-7) : 7
Use MMCSS> MMCSS mode : Pro Audio
[:image3:]
MMCSS(Multimedia Class Scheduler Service)には以下のタスクがあります。

 Audio
 Capture
 Distribution
 Games
 Playback
 Pro Audio
 Window Manager

私はUPnP MediaRenderer Outputを使っているのでバッファーは切ってます。
Buffering> Read-ahead for local files (kb) : 0, Full File buffering up to (KB):0

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました