新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

Diretta + foobar2000 安定再生:イーサネット

日記・雑記
Sponsored Link

この日記の内容は私がベターと感じたもので、環境によりパラメータは変更してください。イーサネット上の新しい音楽通信プロトコルDirettaの設定について参考になれば幸いです。

foobar2000プレイヤーPCと直結したレンダラーをオリオスペック Diretta Target PCに変更、接続頻度は初期設定(2500Hzくらい)のままfoobar2000 UPnP MediaRendererとスループットを比較してみます。
[:image1:]
同一音源で送信データ量は2倍となりますが、UPnP MediaRendererと異なり受信が0 Kbpsであり、送信はとても安定しています。接続頻度を1万Hzに上げると送信量がさらに上がり安定性も少し向上します。
[:image2:]
リソースモニターで確認しても受信データ量が非常に少ないです。UPnP MediaRendererにある送信開始時の小さな山や曲替りのピークもなく平坦です。それだけレンダラーが黙って静かに安定動作していることになります。
[:image7:]
CPU使用量はUPnP MediaRendererが1.5GHz固定でも数パーセントなのに比べ、最高速度で30パーセントを超えます。4コアをフルに使いますのでプレイヤー優先度の設定とCPU割当はオフにします。
[:image3:]
イーサネットはUPnP MediaRendererがIPv4だけなのに対し、IPv6だけにします。他のチェックはすべて外します。
[:image4:]
プロパティ >詳細設定 >自動メトリック のチェックを外して「100」とします。
[:image5:]
イーサネットカードのプロパティの変更点は 速度とデュプレックス「100 Mbps ハーフデュプレックス」だけです。
[:image6:]
他はUPnP MediaRendererと同じで、以下の項目以外をすべて無効にします。

・RSSキュー:最大(4キュー)
・WOLとシャットダウン:速度低下しない
・割り込みモデレーション:有効
・受信バッファ:1
・受信側スケーリング:有効
・伝送バッファ:1

項目の詳細は「JPLAY向けRealtek LANチップのチューニング」などを参照ください。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました