ファイルウェブコミュニティ会員の救済措置は2022/11/15まで、お早めにご登録下さい。11/1現在:登録者数100名到達

XLD + TuneBrowser:メタデータとタグ編集

日記・雑記
Sponsored Link

XLDでリッピング、TuneBrowserでメタデータとタグの編集を行うと手間取りません。

XLDはほぼ完璧なくらいヒット率が高く、アートワーク画像も自動取得してくれることが多いです。画像を手動で入れる場合、タイトル文字で右クリック >Googleで検索 を行います。Safariでの検索結果が開きますので、Amazonなど任意のページから画像をドラッグ&ドロップするだけです。
[:image1:]
私は何種類かのフロントやバック画像、それとアルバムやアーティスト紹介Webリンクも一緒にファイルに入れておきます。後でタグ編集が楽になります。
XLDキューシートにはプリエンファシスのフラグが付いています。
[:image2:]
ところがTuneBrowserで再生前にWAV変換すると、プリエンファシスのフラグが消えてしまいます。再生画面には EMPH マークはなく、44.1k/16bitという表示。
[:image4:]
そこでタグ編集します。Library Viewerのタイトル上で右クリック、最下段の「プロパティ…」を選びます。さらに右クリックで「タグの追加」をします。
[:image5:]
最下段にタグの一覧が表示されますので PRE_EMPHASIS をクリック、Value を1にします。OK をクリックすればプリエンファシスのフラグが付きます。
[:image6:][:image7:]
EMPH マークと44.1k/24bitという表示に直りました。Value を0にするとデエンファシスは掛からなくなります。
[:image8:]

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました