新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

古いオーディオケーブルにご用心?

日記・雑記
Sponsored Link

今日は古いケーブルは酸化しているかもしれないお話です。
よく、スピーカーケーブルの末端は黒くなりがちなので1年に最低1回は
新しく皮を剥き直して使っていたりする人もいますよね?

1年2年はどうという事はないでしょうが・・・
拙宅にはあまりよろしくないケーブルがありました。
使用すると音がくぐもる感じがします。
ですので通常は使用することはありません。
10年前に購入したサウンドハウスさんのCLASSIC PROでした。

[:image1:]
普通は被覆があれば酸化していないと思いますよね?
試してみました。真ん中からチョッキンと・・・

[:image4:]
[:image2:]
 見事に酸化していました。
長い年月でこうなったのか、製造時からこうなのかは不明です。

 本当に錆なのか?暮らしのお供である錆取り剤で試してみます。
ネジザウルスリキッド・泡タイプ!! (車やバイクのメンテにも最適です)
https://www.engineer.jp/products/chemical/cc02/zc_29
[:image5:]
ケーブルの右端の方に泡をシュ!と吹き付けると
従来の銅の金属光沢が戻りました。
これはやはり、酸化していたと考える方が普通かもしれません。
※私は化学のド素人です
[:image3:]
音の良いケーブルの存在に私は懐疑的ですが、
音の悪いケーブルは間違いなくこの世の中に存在していると感じています。
疑い深い人のために写真の元となった動画も紹介しておきます。

*****************************


*****************************

参考資料:mogami電線 「銅の変色と裸銅線」
http://www.mogami.com/notes/copper-discolor.html
(一部引用:「これが、裸銅線が使われる理由です。」)

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました