新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

スピーカー・セッティング(その3:トリノフ1)

日記・雑記
Sponsored Link

前回までの日記でスピーカー(SP)ケーブルとSPベースを交換した話を記しました。

音のバランスを追い込むために特性を測定してみました。
以前のJBLでは、アクティブ・バイアンプ駆動を実践しており、チャネル・デバイダー兼汎用イコライザーとしてTrinnov社のST2-HiFiを常用していました。
800D3になって、システム構成上、必須ではなくなったので休眠状態でしたが、今回、復活させました。
ST2-HiFiの機能は非常に豊富で、とてもここで説明できないので割愛。興味のある方は個別にお問い合わせ下さい。

今回のST2-HiFiのセッティングでは以下の2点をポイントとしました。
①Tapeモニター機能を用いた「挿入ループ(Insertion Loop)」形式とし、ST2-HiFiは必要時のみ使用する
②ST2-HiFiを普段は使用しないことを前提に、測定結果から得られた知見を利用する
[:image1:]
JBLではチャンデバ機能を使用していたので、ST2-HiFiをパススルー出来ないことから「直列接続(Series Connection)」としていました。
ST2-HiFiにはオプティマイザー機能をオフにする「バイパス」機能がありますが、ADC/DACを常に通過するので、鮮度の低下は避けられません。
「オプティマイザーによる効果をとるか直結による鮮度をとるか」というのは旧くて新しいオーディオの古典的命題ですが、今回は選択できる接続方法としました。

まず、シングル・アンプで800D3を接続し、現状の特性を測定します
[:image2:][:image3:]
標準の専用マイクをリスニング・ポイントに立てます。測定プロセスは、AVアンプのものと似ていると思います(最近、触ってないので推測です)。
測定後、測定内容をベースに自動的に5つのオプティマイズド・モードが作成されます。
ここでは、最も厳密に最適化する「Monitoring」の出力画面を紹介します。
[:image4:]
3段に並んだ3つのグラフは、いずれも周波数特性で、上段が最適化前(素の状態)、中段が最適化後、下段が最適化フィルターです。
即ち、上段と下段の特性を合わせたものが中段の特性になります。ここでは現状確認が目的なので、上段のグラフにだけ注目します。
拙宅では平行法ですから、これは概ね正面軸上30度の特性です。最適化前の特性だけを拡大したのが下図。
[:image5:]
ウーファー=ミッド・レンジのクロスのある350Hz辺りから結構な波があります。特に:
①160Hz辺りから110Hzにかけてのレベル低下 (-8dB)
②110Hzから70Hzまでの上昇 (+8dB)
③70Hzから50Hzまでの急激な低下 (-20dB)
④50Hzから30Hzまでの急激な上昇 (+25dB)
⑤30Hzから20Hzまでの低下 (-12dB)

この山谷はスピーカーの特性か、もしくは部屋の特性か?それを確認するために、まず800D3の本来の周波数特性を知る必要があります。
随分と探したもののメーカーからの公表データは見つかりません。以下は、オーストラリアのオーディオ誌 (AV Hub) にあった実測データです。
[:image6:]
解説にあるように20Hz-20KHzで±2.5dB。驚異的にフラットです。明らかにあの山谷はスピーカーによるものではありません。ということは当然、部屋?

部屋固有の周波数特性とは?専門的なことは分かりませんが、手元にある「改訂増補 リスニングルームの音響学:石井伸一郎/高橋賢一 著」に掲載されている音響研究用ソフトウエアで計算できるようです。掲載ソフトの中で、比較的シンプルな「KYOZOO」を使用して早速シミュレーションしてみました(個人使用目的でライセンス登録しています)。

直方体の部屋の寸法とスピーカーと測定用マイクの設置位置を入力。あと、床や壁の吸音率も必要ですが、これは同誌の解説から適当に入れてシミュレーション実行。
[:image7:]
おおー!①から⑤の山谷が相当な精度で再現されました(左上図:10Hzから1KHzまでを表示)。
以前からこの種のシミュレーションはステレオサウンド誌等の記事で存じていましたが、予想以上の説得力です。これが素晴らしいのはSP位置とマイク位置(リスニング・ポイント)を変えた場合のシミュレーションも簡単に出来るので、色々動かした場合の周波数特性が予測できることです。

この結果に基づいたセッティングの話は次回の日記で紹介します。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました