新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

ひたすらWindows(その3)

日記・雑記
Sponsored Link

9月初に「その2」を書いてから1か月半ほど経ちました。元々、「その2」で書ききれなかったHQPlayerのフィルター/ディザのことを直ちに「その3」で書こうと思っていました。ところが、この間に出張等で自宅に半分ほどしか居なかったのにPCの構成そのものが変わってしまいました。

以前にもご紹介した通り、拙宅のPC再生システムは2系統あって、1つは7700Tを2台使用したJPLAY Femto デュアル構成。こちらは教科書的な手法で、WS2019コアをアナログ電源でドライブしており主にEMMのDAC2Xを接続しています。良くも悪くもレファレンス的な位置付け。

もう1系統は、Roon + HQPlayerを核としたシステムだったのですが、その後のMFさんの検証に影響され、2番目のシステムはRoon + Direttaとなりました。
このPCは、ASUS H270M-Plus、Core i7 7700K、Corsair DDR4-2666 8GB、Samsung M.2 128GB、JCAT Net Card Femto、Seagate ST8000DM004という構成です。ここにRoonServerとDiretta ASIOドライバーをインストールしてRoonServer兼Diretta Hostとします。

Direttaでの再生プレーヤーは、
① Sforzato DSP-Vela(特別仕様)
② Diretta Target + Chord DAVE (M-Scaler)
の2台を切り替えています。

私はMFさんのアイデアやアドバイスを元に、幾つかのMFPCバージョンを自分なりのカタチで導入してきました。今のRoonServer兼Diretta Host PCとDiretta 対応プレーヤーの組み合わせはこれまでの最高音質だと思います。更に安定性や操作性も高く非常に良いシステムとなりました。

Diretta Host PCはPCのソフト、ハードのチューニングに非常に敏感です。標準的なハードウエアとノーマルOSでも適当に良い音で鳴りますし、最近fidata、SoundgennicもDiretta対応を果たし再生可能環境も徐々に広がって来ました。

それでも強調したいのは、最高音質を狙うならハード、ソフトの両面から詰めたPC環境だということです。今の拙宅の構成はWindows Server 2016 コア・モードをベースに相当思い切ってプロセス・カットしています。
DSD256をDiretta Super10000で再生中。
[:image2:]

MFさんが11回に亘ったシリーズでDirettaシステムを分析されていますので、私は彼が特に触れなかったネットワーク・カードについて少々述べます。
Diretta Host PCは、Diretta Targetとハブ経由での接続が標準ですが実は直結も可能で、私が経験した限りでは直結が音質的に相当優位です。スフォルツァートの試聴室でM12 Gold Switchを使用しても直結が勝ってました。

直結するためにはホストPCには2つ以上のLANポートが必須で、幾つかのPCで色々なLANポートを試しました。最初に試したのがこれ。
[:image1:]
使い慣れたLatte PandaとN4200ベースのUP2。Latte PandaではUSB-LANが2つ目のポートになります。Diretta Host PCは4コア以上のCPUが必須で、この2台は最低条件は満たしていますが明らかなパワー不足。

ということで、ここは潔くあきらめてi7 7700Kベースのシステムに移行し、NICもJCAT Network Card Femtoを採用。外部給電も徹底してこれで文句ないだろうという構成。JCAT NICはカード1枚で2ポートあるのでシンプルに出来ます。

出音にも納得してMFさんに報告すると「ああ、カードに2本挿しですか?きちんと外部給電されたUSB-LANの方が良いですよ。先入観捨てて聴いて下さい。」との返事。「音質に配慮されたJCATのNICがUSB-LANに負けるはずないだろう。値段も30倍はするし。」という考えは横において比較してびっくり。

LAN側、Diretta側、色々な接続を試しましたが、JCAT NICに2本繋ぐより1本をUSB-LANに任した方が間違いなく音が良い。
知り合いのエンジニアも「ノイズだらけのPC内部にある限り勝てませんよ。しかもJCAT NICの外部給電はLDOで分離してるだけで不十分です。」確かにJCAT USBカードはディップスイッチで給電方法を選択しますが、NICはスイッチもありません。

せっかくのPCIeのインターフェイスなので、カードをシールドしてノイズ対策し、PCIeスロットからの給電を止めることにしました。
[:image3:]
ピン配置を調べて試行錯誤の結果、スロットからの3.3Vを全て止めるとカードが認識されなくなるので、B8ピンだけ残して他の3.3V入力をマスクしました。これでNICは外部給電無しでは動作しなくなりました。
[:image4:]
これで暫く聴いていたのですが、例のエンジニアからPCIeスロットを外部に取り出す拡張カードがあるとの情報をゲット。仮想通貨のマイニング用に多くのGPUボードを外出しするニーズがあるようです。
[:image5:]
ということで、あれこれ作業して作成したのがこちら。
[:image6:]
意外にも拡張PCIeカードを収納するコンパクトなケースが見当たらず、手元にあったセラミック・タイルに両面テープと絶縁テープで固定しました。そのままだとカードがグラグラして不安定なので、シールド・ケースにウッド・ブロックを挟んで固定しています。

肝心の音は、PCIeカード2枚使用が効いて良い感じです。
1枚の時に気になった伸びの無さやノイズ感は改善しました。USB-LANと比較すると一長一短の印象。こちらの方が全体的には解像度が高いもののUSB-LANの方がSNは上と聴きました。

現実的には、JCAT NICのような外部給電可能なNICを2枚用意してしっかりシールドし、必要なPCIeピンをマスクして不要なスロット給電を止めた上で内蔵・外部給電するというのが良さそうです。

まあ、これだけの手間をかけた割に差は小さいのですが、せっかく作ったので暫く使用してみます。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました