新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

ステレオパワーアンプ製作

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

関連する前の日記
関連する次の日記

 再び、小型パワーアンプです。 出力は4Ωで20Wx2 (rms) / 80Wx2 (max) です。
 今回は電圧増幅/バッファをオペアンプ、電力増幅をディスクリートで構成した回路とし、P板を起こして製作しました。

 外観は、

 

 寸法は巾250、高さ100、奥行き220、重さ4kです。

 内部は、

 

 

 参考まで、回路図P板 を示します。 DCサーボ回路も入れていますが、(ディスクリート部のゲインを低くしたこともあり、)無くても問題がない事が分かり、DCサーボは(音質劣化要因の一つでもあるので)通常は無効としています。 然し、良く考えると、DCサーボが必要な程、不安定である事自体、音質劣化要因の一つであるという事。 そして、結局はその劣化はDCサーボ位では容易には修復できないという事なのではないでしょうか。

 回路は以前、パワーオペアンプ使用の 6chアンプ ステレオアンプ を製作した所、期待以上の高音質が得られた為、該パワーオペアンプの内部等価回路を参考に設計しました。 結果、今回製作のディスクリート版は、パワーオペアンプ版に可也肉薄したクリアでパワー感のある音質を得られ、及第点は取れた様に思います。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました