SONYの新型PJ、4K・HDRスクリーン生地

日記・雑記
Sponsored Link

昨日、シアター完成の日記をアップさせてもらいましたが

オーディオ沼的には、あと残っているのを優先順位で並べると…

①プロジェクターを4Kレーザーに変える
②スクリーンの生地を4K・HDR対応のものに張り替える
③AVアンプをストームオーディオのものに変えて、9.2.8を同時に鳴らす
④オーディオボードやインシュレーター、スピーカーケーブル、電源まわりをいじる

ぐらいですかね…?

一応、①と②は割と本気で考えていて

①はSONYの新型狙っています。まだ日本発売での発表はないですが…
くわしくは→こちら
[:image1:]>VPL-XW7000ESが$27,999.99(約357.6万円)、VPL-XW6000ESが$11,999.99(約153.2万円)、VPL-XW5000ESが$5,999.99(約76.6万円)となる。
とありますが、VPL-XW5000ESが本当に80万切るなら、すごい競争力を持つ製品ですね。
VPL-VW255以来、ずっとプロジェクター部門で、ビクターの後塵を拝してきたSONYとしては、久しぶりの期待機種かなと思います。

②は現在はOSのピュアマット204の張り込みを使っているので
レイドロールに張り替えてみたいなと考えています。
くわしくは→こちら
[:image2:]『レイドロール』どうですかね?価格コムにもほとんど情報なくて困っています…。

どっちもネットで調べてもあんま情報ないので、何か知っている方がいれば教えてほしいです。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました