新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

ハーベスの鬼っこ HL-K6というスピーカー

日記・雑記
Sponsored Link

[:image2:][:image1:]
今晩は、我が家のメインSP Harbeth HL-K6についてお話しようと思います。

HLシリーズというと、HLCompact 7ES-3につながる HLCompactシリーズや
より小ぶりなHL-P3ESRにつながるP-3ESシリーズ、
おおぶりのSuper HL5などをご存知の方は多いのではないでしょうか。
K6は、どの分類にも入っていないモデルなんですね。

そのあたりの事情がわかるのが、英国本国のフォーラムでして
ハーベス党の方なら、何度かごらんになったこともあろうかとは思います。
そのなかにHL-K6のスレッドもあるのですが、
そこでオーナーのアラン・ショウが以下のようなことを述べています。

まずK6のKは、KoriaのKで、
1990年代中盤に韓国の代理店の要望でつくられたモデルであること。
ウーファーは、HLCompact 7ES-2のものを使い、
ツイーターは、HL-P3ES-2のものを使っていること。
このモデルにはフロアスタンディングのバージョンもあり、
それがHL-S8であること。
SPボックスの内側には(おそらく他のモデルに比べてであろうと思いますが)
厚いフェルトの吸音材がはられていること。

鬼っこぶりがおわかりいただけましたか。
それにHL-8は、見た目もなかなか興味深いので、写真をはっておきます。
下がHL-8で、上がHL-K6です。
ハーベスのフロアスタンディングは、これだけなんじゃないかと思います。
台部分とSPボックス部分がリムーバルになっている仕様です。
アラン・ショウも、このあたりのSPの成立の経緯の詳細は覚えておらんと
ちょっと投げやりなコメントもしておりまして
あんまり愛されてなかったんだな、という意味でも鬼っこSPなのであります。

さてそんなK6の我が家での鳴りっぷりですが
ちょっと低音の量が多いかな、というのがいちばんの特徴でしょうか。
7ES-3よりひとまわりボックスは小さいのですが
けっこうな量がでてます。
(だから吸音材をたくさんはりつけたわけではないと思いますが…)
それになんとなく粘りが感じられる低音です。

ツイーターの主張もけっこう強い気がします。
高音がキンキンするような下手なSPケーブルをつなぐと
追従して反応します。
ただハーベスなので、音がガンガン前へ出てくるようなことはないので
ちょっと高音がきつくなったかなと感じる程度ですが…。

うーん、でもですね。このSPは、美しいのですよ。
サランネットをはずしたときのフェイスは、
ハーベスでいちばんだとさえ思います。
(でもサランネットは、はずさずにいつも使っています)
見た目にほれ込んだのが半分くらい、と今告白してしまいます。

と、マッチ売りの少女にいれこんだオヤジのように
なってきてしまいましたので、
今晩はこれにて失礼いたします。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました