新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

年末年始のDYNAUDIO Focus 160とニーナ・シモン

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

関東ではもう松の内も終わり、新年気分も薄まってきた感じです。
街の様子や人々の日常も普段の落ち着きを取り戻してきた
そんな今日このごろですが
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
本年もよろしくお願いいたします。

今日は、年末年始のオーディオ関連のことなどを
徒然なるままに書いていくことにします。

年末のことですが、DYNAUDIO Focus 160を聞きました。
友人が新規に導入したものです。
PCからUSB経由で、TEAC UD-301(DAコンバーター)を通し
バランス接続で、アンプはアキュE-306という構成です。

私は最近、オーディオ屋さんで2度ほど
このSPのちょっとした試聴をしたことがあるので
大体の出音の傾向はわかっておりましたが
まず部屋に置かれた印象としては、けっこうでかいです。。。
幅 202 x 高さ 350 x 奥行き 294 mmということなのですが
それ以上の存在感があります。
友人のはブラックのピアノ仕上げだったので
ホワイトなんかだと、もっと大きく感じるかもしれません。

ぱっと聞きでは、以前に試聴した印象と同じで
やはり中高音のつながりのよさを感じました。
なめらかでスムーズです。
その友人は、以前にこちらで紹介させてもらった
DYNAUDIO BM Compact mkⅢも持っているので
そちらと聞き比べましたが
Focus 160のほうが、よりなめらかでスムーズな印象です。

BM Compact mkⅢとのいちばん大きなちがいは
音場の広がり方でしょうか。
前後左右にふわっと音が広がっていく感じで
SPが消えるとか、ホログラフィックとかいわれる所以は
これかと思いました。
最近購入したばかりですが、
このコミュでは名盤との評価が高まっている
「CANTATE DOMINO」を持っていきました。
PCMのFLACでしたが、聞いてみました。
すばらしかったですね~~
友人もうなってました。
空間の広さが伝わってくるような音源は
このシステムにはドンピシャです。

ただし同時に大きめのブックシェルフの宿命かもしれませんが
低音のコントロールが問題かな~とは感じました。
ベースやドラムスを、もう少しタイトに聞きたい音源だと
このSPの良さを消さずにセッティングするのは
ちょっと工夫が必要かと思いました。
友人もそのことは理解していて
TAOCのスタンドとインシュのほかに
制振ゴム板も使って調整していました。

さて、お正月を迎え、我が家のシステムでは
ニーナ・シモンがよく鳴っておりました。
ピアノもヴォーカルもいいですよね~。
若いころは、そんな彼女のピアノもヴォーカルも
あんまりいいとは思えなかったのですが
近頃はこんなんばっかりが良くなってきてしまいまして。。。

ゴスペルの影響はよくいわれるところですが
クラシックの勉強もしていた人なので
黒っぽいだけではないセンスも感じます。
太く低めの個性的な声は、好き嫌いがはっきりしそうですが
一度はまると逃れられない。。。

MFの真空管+αを導入してから
我が家のシステムもいっそう音が丸くなってきました。
それは、言うなれば「高野豆腐」のようなシステムでしょうか。
PCからは、例のUSBフィルタで、
CDPは、過剰整振からちょいちょい戻しながらころあいをはかったやつで
ノイズコントロールをしたあと、
CHORDのやわらかDACやらMFの真空管+αやらで
だし汁をしみこませ、
QUADプリとMFパワー&ハーベスで味を調えてだされたものは
まさに「高野豆腐」か?!、ということなんです。
そんな「高野豆腐」システムには、
ニーナ・シモンがよくはまるのだと思います。

「Nina Simone At Town Hall」(1959)という
ライブアルバムは特に良かったです。
スタジオ録音のものもよいですが、
ライブは、よりニーナという人の存在感が伝わってきます。
その分インパクトがあります。
エスペランサ・スポルディングも最近カバーしていた
「Wild Is the Wind」なんかは
言いようもなく甘く切なく哀しい響きです。

Wild Is The Wind by Nina Simone (Live at Town Hall; best version!!)
ttps://www.youtube.com/watch?v=c1_D5gef72A

そしたらyoutubeでこんなのに遭遇しまして

ttps://www.youtube.com/watch?v=iQhUB7beIpw
(6分過ぎからを聞かれたし)

メールで年賀のご挨拶を差し上げた方々はご存知の
この古いSPに魅かれてしまい。。。というわけだったのです。
仔細があって、いまだ我が家には到着していないのですが
最初に音だしをする楽曲は、もうおわかりになったと思います。
説明の必要もなく。。。。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました