新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

SIN-KAI MS227C SPケーブル導入記

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

今日は久しぶりに好天に恵まれた休日でした。
気持ちよい風を感じたくて
私は窓を開け放したまま、音楽を聞いておりました。

さて、先日もろこしさんにご紹介いただいた
SIN-KAI MS227C SPケーブルの導入記であります。
マグネシウム線材を使ったSPケーブルということで興味をもったのですが
なんとなく高音域の改善につながりそう。。。
という直感もはたらいて、1ヶ月ほど前に購入しました。

現在の使用状況は、ハーベスのツイーター側に接続しています。
ということはバイワイヤリング接続なわけですが
ウーファー側は、以前から使用している
Van den Hul M.C. D 352(VDT-T4)をつないでいます。
ttp://www.esoteric.jp/products/vdh/speaker/
つまりツイーター側だけVan den Hulから
SIN-KAI MS227Cにかえています。

インプレッションとしては
ねらいどおり高音域の抜けがよくなり
のびやかな音になったように感じます。
音色的にも、それほどカチッとした感じは目立たなくて
ぎりぎりナチュラルというか、ニュートラルというか
思ったよりはハイスピードな寒色系ではない印象。
そのあたりのバランスは考えられている音づくりなのかな~
とも感じました。

やはり女性ヴォーカルは、きれいに聞こえるようになりました。
最近レビューしたものですと、
キアラ・パンカルディは実にいい感じに声が伸びるようになってます。
あとはサックスやトランペットのようなブラスとか
ヴィブラフォンなんかも、キレがよくなった気がします。
今日はこんなのを聞いてました。。。

ただしこれは我が家のハーベスシステムの場合に言えることであって
シングルワイヤーでSIN-KAI MS227Cをハーベスにつなぐと
ちょっとスッキリした感じになるようなところもありましたし
Dynaudioのシステムだとその傾向はより強まる印象がありました。
まあ私の耳がVan den Hul のやや濃いめの音に
慣れ親しんでいるからかもしれませんが。。。

それともろこしさんもご指摘になっておられた
ケーブルの方向は、気に留めておいたほうがよいかと思います。
矢印をアンプ側にして接続したほうが
なぜだか高解像度な音の印象があって
不思議に思ってメーカーにも質問してみたのですが
方向はあわせてほしいというような回答で
どちらがよいというような指定はありませんでした。

しばらくはこのSPケーブルの組み合わせを楽しんでいこうと思っています。
もろこしさん、ご紹介ありがとうございました。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました