新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

最近の独奏作品を聞く:ジャン・ロンドー『メランコリー・グレース』

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

                      2021年05月28日

ここ最近1か月ほどのうちにリリースされた新譜のうち
気になるものが2作ありました。

今日はそのうち、ジャン・ロンドーの
『メランコリー・グレース』というアルバムを聞いての
所感を述べてみたいと思います。

チェンバロとヴァージナルの独奏による作品です。
ヴァージナルという楽器は、
広義にはチェンバロの一種と言ってよいものですが
17世紀以前の古いタイプで、小型であり
弦もピアノなどとはちがって、奏者からみて横に張られています。
このアルバムで演奏されているヴァージナルは
1575年頃に製作されたと思われる多角形型のオリジナル・ヴァージナルで
おそらく史上初のものなんだそうであります。。。

やはりよく聞くチェンバロとはかなり音色が異なります。
「Jean Rondeau plays John Bull on original 16th-century virginal (Melancholy Pavan)」
https://www.youtube.com/watch?v=HKCrTDyFM4w

響きに独特の豊かさ・甘さがある感じで
きらびやかなチェンバロの音色からすると
コラ(アフリカの竪琴)やリュート(特に低音の出るテオルボ)なんかに
近いような印象もあります。

この歴史的なヴァージナルを用いて
ロンドーは何を表現しようとしていたのか?
「涙と泣き声の音楽的表現を通して伝えられるメランコリー」なんだと
解説されているのですが、
そのカギとなる作曲家として挙げられているのが
ジョン・ダウランドなのです。

ダウランドは「イングランドのエリザベス朝後期およびそれに続く時代に
活動した作曲家・リュート奏者」とwikiにはあります。
「涙のジョン・ダウランド」(Jo: dolandi de Lachrimae)と自署した
などというエピソードも紹介されていて
まさに「メランコリー・グレース」が売りの音楽家であったようです。
「涙のパヴァーヌ」の愛称で知られる「流れよ、わが涙」が
最も知られている曲で、このアルバムにも
デジタル配信版のみのボーナストラックとして収録されています。

「この曲はヨーロッパ全体、特にフランドルとドイツで、
スウェーリンクやシャイデマンなどの作曲家に強い印象を与え、
さらにそれより3世紀以上後、
彼の作品に最も影響されたベンジャミン・ブリテンのような
現代作曲家に影響を与えました」
とは、ロンドーの解説よりの引用ですが
何となく腑に落ちなかった私は
そういう時にヒントを得るため、よくパラパラとめくる1冊
岡田暁生著『CD&DVD51で語る西洋音楽史』にあたってみました。

私の疑問は、ダウランドのメランコリーの持つ歴史的な意味でした。
なぜ彼の「流れよ、わが涙」が
汎西欧的な広がりを歴史的にも持続できたのか?
そもそも音楽におけるメランコリーの歴史的な意義って何だろうか?

岡田さんは「16世紀に生じた音楽史の気分の激変」を
ダウランドと同時代のドン・カルロ・ジェズアルドの音楽を
とりあげながら論じています。

16世紀に入るとともに人々は、「情念の表出」としての音楽のありように、
少しずつ気づくようになってきた。「美」から「表現」となった音楽は、
もはや調和してはいない。「美」とは、人の内面からはある程度距離を
置いた秩序であり、客観的な存在だ。それに対して感情表出は、
「今、ここ」に満たされない「主観=わたし」の存在を前提とする。
それは満たされていない。何かが軋んでいる。
ここにないものを強く希求する衝動、望んでも得られない安息への渇望。(P43)

メランコリーは、「情念の表出」としては、音楽向きだったんだろうな~
受け入れる側にも無理がない感じがするし。。。
それが上記の一節を目にした時の私の第一印象でした。
聖なるコスモスの追求から、世俗の情念の世界を映し出すものへと
音楽が変貌していく、その時期に生まれた作品たちを
ロンドーは描き出そうとしていたのか。。。

ヴァージナルが描かれた絵画というと
フェルメールの名が挙がってきます。

17世紀にかけて、この楽器はヨーロッパの家庭にかなり普及していきます。
そして、おそらくそうしたヴァージナルによって
「流れよ、わが涙」はスタンダード曲のように
演奏されていたのかもしれません。。。

その後も、ある種、メランコリーの調べの原型のようなものとして
ブリテンやグールド、そして現代のスティングにいたるまで
脈々と受け継がれていった。。。
そんなふうに理解できました。

「Britten ‘Lachrymae’ Viola & Orchestra – Cristina Cordero」
https://www.youtube.com/watch?v=E9vMLIK8mu0

翻って、こんな歴史をたどろうとしている私はどうなのだろう?
コロナ禍に、いくばくかは翻弄される日々を
同じメランコリーの精神史の流れの中で生きているんだろうか?
このアルバムを聞きながら
東洋の片隅で、ふとそんなことを考えている私がいたのでした。。。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました