新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

ハイドン・ランダムノーツ2:閒(あわい)の音楽を聞く①

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

                     2021年09月20日

明日は十五夜。
今年は「へ~もうそんなころか。。。」っていう感慨があります。
ここ最近、晩に月夜を見上げることもしなかったのが
なんとなく自分の余裕のなさのような気がして
ちょっと残念な気持ちなのです。
時間の推移と自分の感覚がずれているだけなんでしょうけど
ふとそんなことを呟いてみたくなった今日この頃
みなさんはいかがお過ごしでしょうか

最近、ハイドンの音楽をよく聞いています。
ハイドンを欲しているみたいな時期が私には時々あるのですが
新譜のリリースと重なることもその一因で
今度のハイドン・モードもそういうきっかけでした。

そのホントに端緒になったのが
ハイドン生誕300周年となる2032年までに、
100曲を越える交響曲を全て録音してリリースするプロジェクト
HAYDN 2032の10作目
『一日の時の移ろい~ハイドン: 交響曲《朝》《昼》《晩》』
を聞いたことでした。

指揮のジョヴァンニ・アントニーニが主導するこのプロジェクト
Alphaレーベルとしてもビッグな取り組みでしょうし
以前からそれが進んでいたことを知ってはいましたが
なぜかスルーしていました。。。
今作を聞いてから、それ以前の9作も聞いてみましたが
なぜ聞かなかったのか?と後悔することしきり。
アントニーニ自身が結成した古楽器編成による
イル・ジャルディーノ・アルモニコはもちろんのこと
バーゼル室内管弦楽団との演奏も
新時代を感じさせる、
「俊敏」系のハイドン・シンフォニーを打ち出していこうという
一貫した意図が感じられる気がして
「荘重」なオケによる演奏に飽き足らなかった私には
どれも新鮮に響いてきたからです。

そして今作は、私の好きな《朝》《昼》《晩》
でもこの3作がなぜ好きなのか、自分でもよく判らないでいたのです。
初期のシンフォニーの小編成なところとか
わりとソロパートが目立っていて、
それらがなかなかいい味出してるところとか
そういう美点が相まって、さわやかな印象が残るからなのかな~
ぐらいの思いでいました。。。

基本的に上記の印象は変わらないものの
何回か繰り返して聞いているうちに
この音楽の時間の経過が、
《朝》《昼》《晩》という1日の時間の経過を意識して構成されている
そのことの快さはじゅうぶんにあるんじゃないかな~
と思うようになりました。
つまり時間の推移と自分の感覚が整合する快感みたいなものが
これらのシンフォニーにはあるのかも。。。ってことです。
むろん現代の映画音楽みたいな映像を喚起する表現
ってことではありません。
だからやはりこの時代なりの制限や限界はあるのですが
ハイドンその人がこの「大喜利」的なお題を意識して
曲を紡ぎだしたっていうこと、
そしてその痕跡をたどるようにして音楽を聞くとき
聞く者はなにかを共有することができるのかもしれない
と思うようになったってことです。

まあ、こんなことを云うのは私の入れ込み過ぎなんでしょうけど
このアントニーニ&イル・ジャルディーノ・アルモニコの
《朝》《昼》《晩》は、私にとっては
メラトニンが体内時計をリセットしてくれるような効果が
あったのだろう(笑)。。。ぐらいは言ってみたくなる
そんな作品ではありました。

最後に今日の副題の「閒」なんですが、「間」の旧字体なのだそうで
なんかちょっと洒落てるな~と思い、使ってみました。。。
それと①ってことは、②があるわけですが
今度は何の「閒」とハイドンか?
それはまた稿を改めることにしたいと思います。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました