新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

”Turning Year“ of my audio:アンプの故障とロジャー・イーノの新作

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

                      2022年05月03日

我が家のハーベスのシステムで肝となっていたのは
Musical FidelityのパワーアンプF-15でした。
入力段に真空管ECC88を配し、出力段はトランジスタという
いわゆる真空管ハイブリット方式のアンプで
パワーも100W×2で、SPの駆動力もけっこうあり
A1から受け継ぐ暖色系の濃ゆくて太い音色と力強さを兼ね備えた
愛用の一品でありました。

ここ数か月、徐々に右チャンネルのレベルが下がってきているような
気がしていて、ちょっと測定でもしてみようと思い
周波数特性を計測したのがこちらでした。
(上が左チャンネル、下が右チャンネル)

やはり左と比較して右チャンネルの
500Hzを超えたあたりから3kHzぐらいまでの落ち込みが
気になります。。。
そんなこんなしているうちに、2週間前くらいに
ついに右チャンネルから音がしなくなってしまいました。。。
中古で入手してからも10年近くになりますし
発売以来20年以上経っている製品ですので
よくここまでがんばってくれたとの思いもある一方
はてさて、修理に出して直るものかいな~
どうしたものか。。。と思案し続けています。

というのも、パワーアンプが故障したとはいえ
ハーベスで音楽を聞きたいという思いはあるので
結局、現状、SPECのD級アンプRSA-M1をつないで聞いているのですが
その周波数特性も測ってみるとこんな感じ。。。
(上が左チャンネル、下が右チャンネル)

う~ん、先述の500Hzから3kHzの落ち込みは
傾向としては残ってるな~
つまりは部屋の特性も含めたセッティングの問題か。。。

ですが、それにも増してSPECのアンプも
なかなか健闘していることに心を動かされたのでした。。。
これはこれでありなのかもしれないと。
プリアンプの前段に真空管バッファーアンプを挟んでいるのも
実は我が家のシステムの音色を決めるうえで
大事な役割を果たしているのですが
そのせいか、D級とは思えない豊潤さは醸し出しているな~
ということなのでした。。。

では、それで決まり!というわけにはいかず
優柔不断な状態のままGWに入ってしまいました。
ひとつふたつ代替案は妄想しているのですが
とりあえずやはり可能ならばF-15の修理はするというステップは
踏むことになりそうです。。。

つまらない故障話につき合わせてしまいました。。。
こんな宙ぶらりんな環境下ですが
ハーベスにはまった音源に出会いました。
ロジャー・イーノの新作『The Turning Year』です。

「Roger Eno – The Turning Year (Official Music Video)」
https://www.youtube.com/watch?v=sNiIgA8JY4I

まあ、いつもの。。。といった感じは正直否めません。
ドイツ・グラモフォンからのリリース
そして収録はベルリンのテルデック・スタジオで
エンジニアは、トビアス・レーマンなのですが
イーノへのインタビューによると
https://www.udiscovermusic.jp/classical-features/roger-eno-the-turning-year-interview
レーマンのどうも遺作になりそうなアルバムなのです。。。

レーマンの手による(つまりはテルデック・スタジオで収録の)作品を
ここ数年、私は個人的によく聞いてきました。
レビューしたものも多く、
ポール・ルイス、イザベル・ファウスト、パブロ・エラス・カサド等々
枚挙にいとまがありません。
https://www.allmusic.com/artist/tobias-lehmann-mn0000618733

ドイツ・ハルモディア・ムンディを支えてきた
エンジニアといえるでしょう。

そうか、この音作りはもう新たには聞けなくなるのか
という思いはもちろんありますが
イーノのこの新作のタイトルやら
内外の諸情勢やら
果ては私個人のオーディオ環境の変化とも符合してきて
実に妙な気分です。。。

でもこのアルバムを聞き続けていると悪い感じもしないのです。
何かの終わりを暗示するだけでなく
不易なるものに思いをいたさせる感じもありますし
そしてそれは不安ではないですし
かといってまったくの平穏(平安)というわけでもない。
重くもなく、軽くもないという意味では
フラットなのかもしれないけれど
想像のベクトルはあらゆる方向に開かれている気がします。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました