新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

上半期の落穂拾い②:MUSICAL FIDELITY M6si導入記

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

我が家のハーベスのシステムの屋台骨を支えていた
Musical FidelityのパワーアンプF-15の故障のお話を
日記にあげて以来
修理の可能性も含めて、後釜を探していたのですが
Musical Fidelityの創立者であるアントニー・マイケルソンが
設計に関わった最後のアンプシリーズの1つであろうと思われる
M6siを導入してみました。

http://www.rocky-international.co.jp/musicalfidelity/M6si/M6si.html

このアンプはプリメイン仕様なのですが
パワーアンプとしての使用も可能です。
その点に魅力を感じての導入だったのですが
まずはプリメインとして使用してみました。

率直に申し上げると、私が期待していた音ではなかったです。。。
かなり高音がキラキラしていて
中低音もA-1のようなトロリとした印象は皆無で
わずかに低音にらしさが垣間見られるくらいのものでした。

LUXMAN C-600f(プリアンプ)をはさんだ
パワーアンプとしての使用時も
あまり印象に変化がなく
どうしたものか。。。と思案。
暫定的につないでいたD級のSPEC RSA-M1のほうが
よっぽどA-1的な中低音が得られているな~と思い
結局、RSA-M1をパワーアンプに戻すこととしました。。。

まあ物は試しということで
次にDynaudioのシステムにM6siを組み込んでみました。
ATOLL PR300(プリアンプ)をはさんでのパワーアンプとしての使用です。
うん、こっちのほうがマッチしているな~
以前はRSA-M1をパワーアンプとして使用していたのですが
低音の制動はM6siのほうが優れていて
全体的に音に色気がでてきた感じ。。。

そんなことで、怪我の功名というわけでもないのですが
Dynaudioを鳴らすパワーアンプとして
M6siは鎮座するようになりました。
1か月以上経つのですが
音に色気がでてきたという感じは
より強まっている気がします。

これなんかをこのシステムで夜ひとりで聞いていると
どっぷり浸ってしまいます。。。
そういえばアントニー・マイケルソンもクラリネット奏者でした。

「Martin Fröst – Scarlatti: Sonata D minor, K.32 (for clarinet & double bass)」
https://www.youtube.com/watch?v=dPFxDoS5THw

アントニー・マイケルソンのアンプビルダーとしての
最後の矜持のようなものを
感じられる幸せをかみしめる今日この頃
なんて書くとカッコつけすぎですが
オーディオの愉しみがより深められた
M6si導入記でありました。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました