新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

AIT-LAB DAC Version UP!

日記・雑記
Sponsored Link

当コミュでもユーザーの多いAIT-LABOのDual ES9018 DAコンバーター(以下AIT-DAC)ですが、開発されたAIT LABOさんは我々ユーザーの意向も取り入れながら、改良を続けてみえます。

私も昨年8月にAIT-DACを購入しましたが、DSD入力可能なUDA基盤(オーディオ用USB基盤)をオプション追加して、製作をお願いしました(Version1)。

ところが翌月9月には製作日記にて、入力されたPCM信号を一度DSD変換してからアナログコンバートできる機能の開発が発表されました。そこで私も、慣らしもそこそこに、即ファーム書き換えによる機能追加をしていただきました。 (Version2)。

そして今年4月のAIT LABOさんの開発日記を拝見すると、DACチップのマスタークロックアップにより音質改善が見られた旨記載がありました。また、それより以前の1月の製作日記に記載されていた、DSD/I2Sインターフェースのバージョンアップも気になります。(矢切亭の環境で、以前は普通にDSDファイルが再生できていたのですが、最近MPDが反応しなくなってしまい、再挑戦の機会を狙っています)

しかし、最新型のAIT-DACはFPGA(本体制御プログラムを書き込むところ?)が容量アップされており、機能追加が容易になっていますが、私のAIT-DACは古いタイプで、たしかFPGA使用率98%のはずなので、機能追加は半ば諦めていたのですが、「クロックについてはFPGAを介さない」とも記載されており、もしかしたら対応可能かも。場合によってはFPGAの換装をお願いするか…。

悶々としていても仕方がないので、AIT LABOさんにとりあえず質問メールを投げてみました。
・ 私の世代のAIT-DACで、日記に記載のあったクロックアップとDSD/I2Sインターフェースの自動判別切換機能が追加可能かどうか
・ 毎回電源投入時にES9018独自のジッターリダクションをオフにする(いわゆるハイエンドモード)操作を前面トグルスイッチでしているが、面倒なのでデフォルトをオフにして欲しい
・ これらの技術的可否と費用について

2日後 AIT LABOさんより「上記機能追加可能。機体到着後2日程度で返送可能」とお返事を頂き、即DACの梱包作業を始めた次第です(笑)。さて、バージョンアップの結果は…。

Before[:image2:]
After。[:image3:]比較してみるとこんな所にディップスイッチが(笑)[:image4:]
この組み合わせで電源投入時のデフォルト設定を、入力を1=COAXIAL、2=OPTICAL、3=I2S/DSDに設定、JITTER REDUCTIONのON/OFF設定、DSD変換のON/OFF設定について、事前に設定しておけるようになりました。これはうれしい。毎日電源投入時のトグルスイッチカチャカチャ「下3上5下1上2」は一種の儀式になっていましたので(笑)。[:image5:]
ちなみにDSD変換時のサンプリングも従前の128倍と256倍と選択できるようになっていました。

さて肝心の音は…。
PCでクロックアップというと、単純に処理速度のアップ=ベンチマークの数値上昇と単純なのですが、このDACの場合は、はっきり音に現れます。なんと言ったら良いのか分かりませんが、結果的にDA変換の精度が向上するとは、このように音が変化…向上することなのかと思いました。
AIT-LABOさんのHPに掲載されたユーザーの感想は、決して誇張ではないと思いました。

DSD変換機能追加の時もずいぶん感動したものですがファームの書き換えだけでこんなに音が進化してしまって、ありがたいやら申し訳ないやら。

矢切亭は今あじさいが花盛りです。
[:image6:][:image7:]

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました