新潟のおばかさん邸を訪ねる。 【東京国際フォーラムD棟5F<ホール5D>は新潟に存在した!】

日記・雑記
Sponsored Link

新緑もまぶしい6月初旬。 私は一路新潟へと車を走らせました。 それは「新潟のおばかさん」のお宅にお邪魔する為。
[:image1:]
(*注意* これは新潟のおばかさんとのお部屋ではありません)
 新潟のおばかさん(以下、新潟さんと記す)はHNの通り新潟県にお住まいで、当家(長野県)より180km程度の距離。高速道路もありますから2時間ちょっと!と言う感じです。

 新潟さんのマイルームと1回目の日記をご覧になると、氏の部屋の様子とお持ちの機器は分かります。 広そうなお部屋である事と・・・ 途轍もない機器が並んでいる事はココに集まる方ならお分かりになると思います。
 レスをしてる中で「お邪魔しても大丈夫ですか?」とお聞きしたところ「どうぞ!」と言う事で、雪も消えた(笑)昨日お邪魔致しました。 
 外観がとても素敵なお宅で、お庭の手入れも行き届いた素晴らしいお家でした。 詳細は書けませんが、とても目立つお宅でもありました。 そして玄関を入ったらすぐ右側に、その部屋はありました。
フロント側 ど--------------ん!
[:image2:]
リヤ側   ど--------------ん!
[:image3:]
そして上  どどど-------------ん!
[:image4:]
40畳 天井高5.5m
 私の部屋が4っ入ります(爆) 横に並べて上に重ねる! 新潟さんが出してくれたお部屋の様子の写真や上記の写真でもピンと来ないカモしれませんが・・・ 一歩踏み入れて感じたのは「此処はホール?」です(笑)
 高さが普通なら「宴会場」と言えるでしょうが、5.5mと言う高さがホール感を醸し出しています。
 そこでは既に「ゼロ グラビティ」が再生されていました。 映画館に途中から入場して仕舞った!と言う感じですかね(笑)

新潟さんは凄い機器をお持ちなのですが先ずはスピーカー。
メイン&フロントスピーカー
[:image5:]
WILSON AUDIO 『X1 Grand SLAMM』 H1800mm 200kg
それにプラスしてGEMのトゥイーター TS208とTS001、更にプラスする形で Acustik-Labのウーファー Stella Novusが鎮座しています。  写真のこれが全てフロントLchですよ! 

センターに・・・
[:image6:]
とてもソレらしく、とてもカッコいいスピーカーです。
CELLOのAMATIとの事です。 カラー(ピアノフィニッシュ)は特注品との事。また、これは本来ステレオ仕様でペアでの販売らしいのですが1本を特注で作らせたとの事。 発注者は新潟さんではなく前ユーザーと言う事です。

そして、この後ろに在るのが史上最強のS.W  KRELL MRSですね。 最強と言うだけあって(私がですが・・) 200kg、500×500×700mm  これも実はX1と関係付けてるとの事です。 LFE用途じゃないんですよね~~

以前 KRELLはアクシスが輸入していましたから、ここまで読まれて勘の良い方なら気が付いたカナ?
タイトルの副題【東京国際フォーラム D棟5F<ホールD5>は新潟に存在した!】です。このホールD5はアクシスがT.I.A.S.にて毎年利用してるスイートルームです。(←オーディオ的に考えてね) 他のブースに比較して圧倒的に良い部屋ですね。 部屋の広さとイイ、天井の高さとイイ、機器とイイ・・ まさしく新潟邸はホールD5ですね !(^^)! 

続いてソース&アンプ等
[:image7:]
トーレンスのプレステージですね。 FMのフォノイコもありました。
[:image8:]
プリ・CD-T・DACはオールESOTERICです。 私も一応Esoのユーザーなのですが(笑) Esoって珍しいですよね! 市場評価もあまりないし、オールEsoなんてショーでしか見た事ないよね!なんて、会話が弾んで仕舞いました(笑) フロントのX1を鳴らしてるのもESOTERICのパワーアンプ。 新潟さんはとても気に入られているとの事でした。

そしてAV系
[:image9:]
セータとベルテックです。 セータがデコードして、ヴォリュームMAXで出力、ベルデックに送り込み、ヴォリューム調整との事です。  まぁー究極の贅沢と言えるのではないでしょうか? ここだけじゃありませんが・・(笑)
写真では右後方に写っていますが、これもウィルソン・オーディオ。 古いと言えどもウィルソン・オーディオ(笑) SYSTEM 3. 役割はサラウンドスピーカー。  \(^o^)/

後方の写真
[:image3:]
ここにも似たスピーカーが。 サラウンドバックにもウィルソン・オーディオが・・・(^^)/ それはSYSTEM6. 豪華絢爛です
ウィルソン・オーディオなんてブランドは1組でも使っていれば一人前のハイエンダーです。 それが3組ですからね・・ 開いた口が塞がりません (笑)
更に後方を眺めてみると・・・
[:image10:]
ここはメインのソフト棚です。 脚立が無ければ上の棚には届きません。 
それにモット凄い事が・・・ この棚は二重構造なんです。 見えてる部分は折り畳み式で、裏には同量の収納部が(笑) LPもCD、DVDにBD・・・ 全てがハンパの無い量です。 想像して下さい40畳のお部屋(40畳のお部屋は想像出来難いでしょうが・・(笑))の壁一面(短辺側ですが)がソフトの棚なのですよ! それも『×2』。 手前と奥ですからね。
写真では光っているだけなのですが(笑)(写真の調整が下手でした)・・・ 採光&空気入れ替えの為の窓です。 ワイヤーで引っ張る事で壁の一部をスライド(採光が出来る)、更にワイヤーで窓オープン!(換気が出来る)。 これは新潟さんのアイデアで大工さんにご苦労して貰ったそうです。

部屋の中央、やや後方に吊られてるのがプロジェクターです。
[:image4:]
昔から大画面(スクリーン)を楽しまれている方達には憧れの三管式 BARCOの CINE MAXですね。 お値段は知ら無い方が良いと言う代物(笑) それを改良されてデジタルに対応されているとの事です。 すいません<(_ _)>私の許容範囲を超えている分野ですから、コレ以上の詳細は書く事すら出来ません。 ただし3Dには未対応で、一度V社のモデルを導入された様ですが・・・ 2Dが悪過ぎてお払い箱になられた様です。 ただし4kは考えられている様で、「スクリーンも変えないとな!」と言われていました。
以上がシステムとお部屋の概要です。

 それで音の方なのですが・・・ 言葉では表し難く、どう書いたら良いか悩んでいます。  一言で言うと「ホント自然です」ですね。 スピーカーが居ないんですよ・・・ 居ない訳は無いですね1.8mの大物が前方にそびえ立っているのですから(笑) ただそこからは聴こえてないです。 強いて言うと壁の向こうからですかね。  奥行き感のある音像なので壁全体がスピーカーのような錯覚に陥ります。

 それは一朝一夕に出来る筈もなく、素晴らしいハードを取り揃えれば出来る筈もありません。  新潟さんは、セッティングの工夫と追い込み、ワイヤリング、電源の取り方・・・ 何一つとっても妥協は無く,日々考え努力されているとの事です。  それがあるからこそ、素晴らしい結果が出ているのでしょうね。  完成してる部屋には手を加える事は出来ませんが、床・壁は尋常じゃない処理がされている事を付け加えておきます。 その案を出されているのが全て新潟さんからと言う事ですから、新潟さんの優秀さと、ハードそしてソフトへの造詣の深さはマリアナ海溝も真っ青ですね (笑)

 視聴は新潟さんが用意して頂いたBD・アナログ・CDなど。 全てに共通してるのは「自然」と言う事です。 誇張感が無いので私の様な者には物足りなさを感じて仕舞いそうですが・・ こう言う鳴らし方はウチでは出来ないな!と痛感しました。 
 
 DVDなのですが好きなソフトがありまして、それは「Mr.インクレディブル」です。 Dolbyのロッシーですが音場の展開は素晴らしいです。 他に「ガル・パン」と「インターステラー」「『トランスフォーマー/ロストエイジ』をお持ちしました。  新潟さんは多少?(笑)atmosなどのオブジェクトベースの事もお考えの様でしたが、私が聴いた限りでは不要と思いました。 今のオール・ウィルソンの7.0chの環境でも高さ方向への展開は十分に味わえました。 セッティングと調整が素晴らしい証でしょうね !(^^)!  Mr.インクレディブル(姉弟が逃げるシーン)やトランスフォーマー(磁石で吸われた車や船が次々に落下するシーン)でもウチより全然良いです。 新潟さんも言われてましたが採用するなら「トリノフ・オーディオ」かな?と(今のセータの後釜、他とのバランスを考えると) でも試聴されての好感は得られなかったのでまだまだ先の事とか・・。  もちろん、トップスピーカーに何を用いるのか? パワーアンプを増やさないといけないな~と、悩みは多くある様です。

 そして印象に残ったのが「インターステラー」なのですが・・・ これは以前、自分が日記にした「風圧」ではなく、その後に続く暗騒音の様な持続する低域でした。 帰宅後、同じ場所を再生してみましたが・・ 音は出ている(聴こえている)のですが、何か違うんですよね。 新潟さんの方が、一段と低い音が何の抵抗もなく漂っている様な。 一方ウチは・・なんか無理してる様な?と。 イッパイ!?イッパイ!?(笑) 

 まぁー 全てに於いて脱帽です。 素晴らし過ぎて・・・ これ以上のお宅は有るのでしょうか??  今回はdemo的なソフトを用意して伺ったのですがコレは失敗でした。  数枚のソフトを持参し、最低でも一曲丸々、映画なら全編を通して視聴する事が、この部屋の楽しみ方でしょうね。  次回があるなら、そうしたいです。 お気に入りのソフトを丸々一本見たいですね。 それはココが映画館の様に素晴らしいからです。 いや!それ以上ですね。 正にプライベート映画館です。 天井をもっと高くして造れば良かったな~と猛省中です。 (笑)&(泣)(泣)

  新潟のおばかさん  今回は貴重な体験をさせて頂き誠にありがとうございました。  視聴もさる事ながら、とても楽しいお話が出来た事も嬉しかったです。  5時間足らずのひと時でしたが、正にハイエンドの質感をプライベートで体験出来ました。。

 う~~ん 纏まりませんね。 (◎_◎;)  ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

アコス…。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました