規約およびローカルルールを順守いただき、平和で活発なコミュニティの維持にご協力お願いいたします。

20091105 道中膝栗毛レポ【第30話:モモンガ邸 後編-1】

日記・雑記
Sponsored Link

Kin-yaさんが来られてからは、場の空気が変わった。
さすがお代官様だ、そこに居られるだけで緊張感を与える雰囲気を醸し出している。

ここでもう一度聴き直してみることにした。スカイラインもどきの位置を変えた後での試聴だ。ここでモモンガさんは、高音質CDと言われるHDCDをかけた。この時点で、音が天井にも廻り込んでかなり違和感は解消したと思った。[:image1:]だが、ここでKin-yaさんの一言が出た。「このCDだめ、却下!」「こりゃ、HDちゃうやろ!」
すかさずモモンガさんが切り返す「そりゃまあ、中国製ですからね。」と言い、CDを止めた。
このやり取りが絶妙だと思った。きっといつも、このようなやり取りがされているのだろうと感じた。

モモンガさんはCDを変えた。ピアノの曲だった。
流れるような、ピアノが流れる。だが、途中でピアノの音が割れた。皆何事もないような顔で聴いている。曲に聴き入り静かに時が過ぎた。

この後、ティータイムとなった。モモンガさんは、下にお茶を取りに戻った。Kin-yaさんとテツと3人で話をしていた。するとKin-yaさんは静かに話した。「あのスピーカーは壊れている。」緊張の糸はほぐれた。腹の底から安堵感が噴き上がった。テツも受けている。「なんだ、みんなそう思っていたのか~。」申し訳ないが3人で盛り上がってしまった。そこに、モモンガさんがお茶を持って入ってきた。「随分受けてますね~。何の話をしていたのですか?」一同無言だった。「スピーカーが壊れているなんて言えない」と思っていた。そしてKin-yaさんは語った。「ピアノが歪んでましたよね。」そしてモモンガさんも語った。「ええ~、やっぱり分かりました~、ヤバイ!と思ったんですよね~。」

これで心のつかえが取れたようだ。モモンガさんには言えないよな~と皆で思っていたのが、モモンガさん自身も皆に気づかれまいとしていたなんて。皆で大爆笑だった。

そして、皆で改善検討を進めることにした。残る改善課題は、下の2つだった。
②音像が全体に左寄りで、右側のラック付近の空間に音がない感覚の解消
③ピアノの音が割れる対策の実施
[:image2:][:image3:]

次回につづく

コメント集
——————————-
頭痛は大丈夫なんですか~
その様子だと、もう大丈夫のようですね。
そして今夜も張切っていこー!って感じですね。良かったです。

さて、Kin-ya語録の件ですが、文字では中々伝わらないと思いますね。現場に居合わせると、悪気ではなく自然に言葉が出ている感じで、それがまた心に響くんですよ(^^;

赤と黒の物体の件は、モモンガさんにお答えして頂きましょうね。眠れなくなっては困るので~
——————————–
もっと言い方が他にあるのでは。。。
——————————–
おやま、Songbirdさんのお言葉とは思えないですね~(^^;
こんな会話が自然と出来てしまう、さぬきオデオ倶楽部は肩ひじ張らず、アットホームで楽しかったですよ。
———————————
オフ会はこうでなくちゃと思います。
きれいごとばかり言っていてはお互いに進歩が無い様な。

さすがに四国オーディオ連盟の方々ですネ。
素晴らしい仲間意識が感じられます。
讃岐うどんの如く、太く、腰がある様な。手打ちの愛情が溢れ出ていますね。
———————————-
そうなんですよね~、さぬきオデオ倶楽部ではこのような会話が自然と出来てしまうのが素晴らしいと思いました。それが、全然イヤミ出ないし、言われている方もまた言われちゃった!って感じで笑っておられて、関東のオフ会とは随分様相が違うようでした。

>讃岐うどんの如く、太く、腰がある様な。手打ちの愛情が溢れ出ていますね。

うまいこと言いますね~、だから讃岐うどんは美味いのですかね~
って、ダジャレで失礼しました(^^;
—————————————-
お宅訪問で装置のサウンドを聴かせていただくことは勉強になりますね。
今回の訪問がヒジヤンさんの今後の音作りに役立つと思います。

一連のお宅訪問記を書くに当たって「どうしても書けない壁」が有りますね。
判っていても書けない部分が有ると言う事は「配慮」であり、
エチケットの部分でも有ります。
このハザマで自分も相当悩みます。(ストレートに云ってしまうタイプですので・・・)

こんな苦労が将来の人格形成に役立つと思いますので頑張ってください。

モモンガさんのシステムではSPが最大のネックである事は以前から重々承知しています。
ここが開放されるとびっくりするような「激変」がやってきます。
来年には・・・との事ですので楽しみにしています。
————————————
いや~本当に色々な方のサウンドを聴かせていただくのはためになります。そして「どうしても書けない壁」の件はよくわかりますね。訪問時にもモモンガさんとその話をしていました。モモンガさんは感じたことの20%位しか出していないそうです。わたしは60%くらいと思っていますので、それぞれですよね。

地域性もあるかもしれませんし、国民性によるものもあると思います。今回の場合は職業柄と言うのも大きいのではないかと思いました。モモンガさんは御商売をやられている。テツと私はサラリーマンですが、Kin-yaさんはお医者様。そんな職業柄の違いがあるように感じましたね。自分のことは分かりませんが、他の3人の方は、皆さん優しく、お人柄のよい方ばかりだと思いました。表への現れ方の違いだけだと思います。

皆さんスピーカーがネックと言われますが、どうなんでしょうか。
開放の仕方はいろいろあると思いますね。
————————————–
何と何と!!
そう言う流れだったのですね。

今回の会話を機にモモンガさんは
Ge3の道を歩むわけですね。
————————————–
>センターSPの後ろの方に横たわっている赤と黒の物体
コレは床置きの80インチスクリーンです。
キクチ製です。

色 デザイン 結構気に入っています。
では本日からグッスリお休みください。(笑)
—————————————
> もっと言い方が他にあるのでは。。。
ごもっとも!(^_^;)

さすがに、初対面の方のお宅のオフ会では、ここまでは言えませんが、モモンガさんのお人柄は重々承知しておりますので、いつもの乗りでつい・・・。

ただ、折角のチャンスですので、思ったことはなるべく伝えるようにしてます。

ちなみに、うちのシステムが飛躍的に向上したのは、某氏の「情報量、出てないっぺ!」の一言でした。
それをきっかけにDACを変え、ルームチューニングを見直し・・・。
あれを言ってくれてなかったら、今のうちの音はありませんな。
某氏には、大変感謝しておりますです。

まあ、そういったフランクな関係を作るのも大事ではないかと・・・。
———————————–
そうゆう流れだったのですが~~~
モモンガさんがゲゲゲにとり憑かれることになったきっかけは、もう少し後のお話によるものだと思いますね。次回のお話が、きっかけを作りその後のゲゲゲフリーク方のアクションから徐々に嵌っていかれたのではないかと推察いたします。

そうゆう私も、一時ヤマテツの影響でゲゲゲに嵌りそうになったことがあるんです(笑)だからそうかもしれないと・・・・・
————————————-
モモンガ邸の時に、このような話題にしてしまってスミマセン。
ですが、こうゆうオフ会もいいよな~と本心思ったんでご紹介したかったんです。

本当にピアノを聴いた時は焦りました。そして、後から4人共焦っていたとお聞きして、心の閊えがとれたというのか安堵感が湧きました。心の中にしまっておいたら、わだかまりとして残ったかも知れません。

モモンガさんのお人柄なればこそのオフ会でしたよね。こちらにお越しいただいた時も楽しんでいただけるように張り切ってセッティングしますね(^^;
———————————–
すみません。なんか悪役に仕立ててしまったようで・・・(^^;
日記で言葉で書くとキツイ感じに見えるのですが(以前は、私もずっとそう思っていました)悪気がないので、まったく感じ悪くないんですよね。だからか、さぬきオデオ倶楽部の方々は皆さんKin-yaさんのことを「はっきり言ってくれるのでありがたい」と言われていました。

>折角のチャンスですので、思ったことはなるべく伝えるようにしてます。

Rayさんも言われていましたが、それがオフ会の醍醐味ですよね。
私も同意見なんです。でも、それがお嫌いな方もいらっしゃるので難しいですよね。特に初めての方だと、どこまで言っていいのかが良く分からなくて苦慮します。だから、

>そういったフランクな関係を作るのも大事ではないかと・・・。

大賛成ですね。
拙宅にもお越しいただき、Kin-ya語録を置いて言って下さいませ(^^;
————————————–
>モモンガ邸の時に、このような話題にしてしまってスミマセン。

気にしないでください。
オフ会での あり方が議論できていいじゃないですか。
初対面では なかなか言いたいことも言えませんね。
正直に書くと怒る方もいますので 書き方が難しいです。

褒めて怒る人はいませんので 私はその人のシステムの
長所を褒めるように心がけています。

私のところの音は 皆さんにいろいろ言っていただき
進歩したと思います。
何も言ってくれなかったら オフ会の意味がありませんよね。

Kin-yaさんに感謝です!
————————————-
>褒めて怒る人はいませんので 私はその人のシステムの長所を褒めるように心がけています。

さすがモモンガさんです。

>私のところの音は 皆さんにいろいろ言っていただき進歩したと思います。何も言ってくれなかったら オフ会の意味がありませんよね。

これには私も同感です。ウチは一時変な方向に走っていたことがあって、皆さんが指摘してくれたので軌道修正が出来たようです。

って、今も変かも知れませんが(笑)
Kin-yaさんをお招きしなければいけませんね(^^;
———————————
Kin-教コンビの様子を見ていたら、名コンビだと思いました。
悪代官と悪教授の仁義なき戦いが目に浮かびますよ~(^^;

悪教授さんは「○○がショボイな~!」と言っておられました(笑)
———————————–
WH(教授)さんに、「リアがショボイ!」と言われ、二の句がつけなかったKin-yaです。

そんなWH(教授)さんに一言。「越後屋、お主も悪よの~。」

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました