新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

Fire TV Stick 4K Max で ビットパーフェクトは無理  2022/05/18 Stereo Sound ONLINE

日記・雑記
Sponsored Link

https://online.stereosound.co.jp/_ct/17541381
[:image4:]

4月10日に ↓こんな日記を書いていました。
『Fire TV Stick 4K Max と ハイレゾの最近の話題 Amazon Music』
[:image3:]
本題に入る前に、この4月10日の日記を振り返って 少し前置き。

前置き開始。
————————————————–
Fire TV Stick 4K Max で ハイレゾは 再生できるけど、
結果的に「ビットパーフェクト」ではない感じだぞ~。

嚙み砕いて書けば、
Windowsパソコンのアプリと同じく OS側が設定した 
ビット深度 と サンプリングレート に 変換されて出力されてます。

サンプリングレート だけでなく リミッター や BASS や TREBLE 
それに、LOUDNESS、音量の平均化 そんな 処理にて、
音が変更されている可能性も孕んでいます。

もう少し簡単に書けば、
「Fire TV Stick 4K Maxで再生するAmazonの音より、
 Windowsパソコンで排他モードを有効にしたAmaonの音の方がマシ」
で、感触が伝わるかも?  ※直接の比較は出来ないので例え話です

※注意したいのは Amazon の Windowsパソコン用アプリ に 実装の
 『排他モード』 は 『WASAPI排他』では ありません。
 WASAPI は Windows Audio Session API の 略称なので
 Mac や Linux、そして Androidベースの Fire-OS での実装は
 有り得ません。 それは良いとして・・・
 Windows用アプリにもかかわらず 『WASAPI排他』を 頑なに実装しない
 Amazonに対して、世界から 非難の?声 が あがっています
————————————————–
前置き ここまで

少しでも良い音を楽しみたいので、Fire TV Stick 4K Max で
ビットパーフェクト再生が可能なら 朗報です。
そんな朗報が5月18日に StereoSound Online からもたらされました。
Fire TV 4K MAXで、ロスレス・ハイレゾを聴く方法がわかった!
Amazon Musicアプリの設定でビットパーフェクト伝送が可能に

[:image5:][:image2:]でも、ビットパーフェクトというのは嘘でした。

ビットパーフェクト というのは、音源のデータが そのまま
変化することがない状態を言います。
CDならば、リッピングしたデータが 改変されずに DACまで
届けられる そういう事を言うのです。

かつて、
オーディオアクセサリー誌のおまけCDで、デジタルケーブルの聴き比べ企画(標準品とアコリバ製のケーブル)があって、アコリバ製のデジタルケーブルを通した音を記録したトラックの音量は0.5dB上昇していたそうです。
ケーブルにデジタルデータ編集機能がある訳が無いので、この事は大いに波紋を広げた記憶があります。(アナログの世界なら、LINEレベルをMICレベルに落とす・・・抵抗入りRCAケーブルなんてのがありますから音量が変化する事はありますが、デジタルケーブルでPCMデータを伝送して、音楽の音量が一定に増加する事は物理的に有り得ません。 これは データ を 改竄する 人間の意図 が 疑われる 案件でした。 オーディオ店でアンプの試聴するとき、音量を一致させるのは・・・基本ですよね? こっそり音量をアップされたら、小さな音がよく聴こえるようになって、音が大きい方を音質が上がったと錯覚しますので、音量 は 重要な要素です。 それにしても、変わるはずのないものを 変えてくるっていうのは、 こと、公平であるべき 比較実験に於いて 悪質と 思われます。 ユーザー の 信頼を 裏切る 行為です。 仮にPCMデータを改竄して音量アップするデジタルケーブルがこの世に存在したとして、仕事では使い物になりませんよね?。 再生と録音を繰り返す度にどんどん音量が上がってしまい、 仕舞いにゃ デジタル0dBすらも越えていく。 アコリバのケーブルを通せば通すほど音圧が上昇してゆくミラクルファンタジー。 何なら  リズム までも  違えてしまうという・・・ ないない。)

当たり前ですが、デジタルデータ上で音量を変更すると、データは変化します。
データ上で音量を変更された状態は ビットパーフェクトではない 状態です。
サンプリングレートを変更したら、これも改変なので ビットパーフェクトではありません。
(例外は、16ビットのデータを アプコンではなく ”単純” に24ビットにした場合。
 この場合は失われるデータはありませんし、元通りに完全に戻せます。)

Windowsパソコンで、Amazon Music を ビットパフェークトで再生するには
幾つかの再生や設定が必要です。しかも、1回設定したら終わりではなくて
音源によって設定を変える必要があって・・・現状は面倒です。 このため、
日本に限らず海外でも WASAPI排他に対応すること・ASIOに対応することが
パソコン用のアプリに対して切望されています

こんな感じで、
Amazon Musicの ビットパーフェクト達成は
一筋縄では行かないのが現状です。

ところがどっこい、あれやこれや 試行錯誤しようにも
Fire TV Stick 4K Max には、OSのサンプリングレートやビット深度の設定が
見当たらないので・・・ 設定が出来ない。 この事から、
ビットパーフェクトは無理な感じに見えます。
事実、データは勝手に変更されてHDMIに出力され、いったいぜんたいどんな変更なのか?何をされているのか?その実態を誰も知らない。

marantz NR1711 に  Fire TV Stick 4K Max を 挿してみると
HEOSに 比して Fire TV は 音質が 大きく劣る 感じを受けます。
エントリーモデル marantz NR1711 ですら、そう感じるのです。
[:image2:]StereoSoundOnlineの該当の記事の記者さんは、デジタルだからデータは変わらないと思い込まれているのでしょうか?。24ビット、つまり ビットパーフェクトという 意味不明な 事を 書かれています。

データが改竄されていないかどうか?
ビットパーフェクトなのかどうかは、手持ちのCD(の、リッピングデータ)と  出力であるHDMIに流れてくるデジタルデータを突合して1ビットの狂いも無いことを確認することで分かります。
逆に突合していなければ、ビットパーフェクトが可能になったとは言えません。

※全体的に音圧の低いクラシックではビットパーフェクトが出易いかもですが、音圧上げ上げなPOPSやロックでは、OSのリミッターが介入して音を変化させられるので、より難しい。そもそもAmazonがストリーミングで流してくるデジタルデータと全く同一の内容の物理的なCDを用意する事も何気に面倒です。日本版CDは マスタリングで? 音圧上げの方向に 音 を 弄られている 場合が あって、 Amazonから流れてくる Amazonのリッピングデータとは データの一致をみない場合が まま あります。 その事は ビットパーフェクトを 確認する作業を 開始する前段階・下準備での 障壁の 一つです。 Amazonが?リッピングしたCDと同一のCDの入手がです。

長々と書きましたが、
デジタル = ビットパーフェクト という
等式は 成り立ちません・・・ という日記でした。
ビットパーフェクトを語るには、音圧上げ上げな1曲ないし1時間の
音元データと、HDMIに出力されてくる音声データをビット単位で比較して
完全なる一致を確認する必要があります。

Stereo Sound Onlineさん しっかり しましょう。
【藤本健のDigital Audio Laboratory】の記事を一通り読んでもらえれば、ビットパーフェクトとは 何なのか 分かると思います。
.

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました