新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

新しいDAC

日記・雑記
Sponsored Link

2か月半も自宅を留守にしていると、自分のオーディオが本当に恋しくなります。
どうしようもない分、「帰ったらああしよう、こうしよう」という妄想ばかりが膨らみます。

そういう中で、妄想が爆発して、新しいDACを注文してしまいました。

選んだのは、Holo Audio の May DAC KTEという中華DACです。
[:image1:][:image2:][:image3:]
写真は購入した米国の代理店のホームページから借用しました。

このDACの主要な特徴は、以下の通りです。

+ ラダー型(R2R)
+ I2Sインターフェイス
+ 電源部別筐体

中でも決め手はI2Sインターフェイスです。
デジタル・ファイル再生のボトルネックは、DACとトランスポートのUSBインターフェイスにあるとずっと感じていたので、USBを経由しない方法は無いものかと模索していました。以前からI2Sを是非試したいと思っていましたが、ようやくI2Sに対応した気にいったDACが見つかりました。
勿論、実機を聴いたことがないので、期待外れに終わるかもしれませんが...

しかしながら、I2Sインターフェイスを活かすのは結構大変です。

送り出しはRoonをベースとしたMFPCで変更は考えていません。問題はRoon Bridgeで、I2SインターフェイスをもったRoon Bridgeは市販品では皆無です(Sonore製品の組み合わせやSingXer SU-2等は、評価は高いのですがUSBからの変換になってしまいます)。

今までと同様、自作することにしたのですが、フルのPCベースではノイズの処理が大変なことと、DSDネイティブを安心して出力できるPCIeのボードが見当たりません。ということで、以前から気になっていたRaspberry Pi4を用いることとしました。

Raspberry Piは元祖のPiの時に一度VolumioでRoon Bridgeを試して以来の挑戦です。その後Pi3のトランスポートとしての高評価は認識していましたが、USB出力であればPanda+Direttaには及ばないと思いあまり気に留めていなかったのです。

ところが、先日のMFさんの記事とその後のMF邸での試聴で一転して挑戦することに決めました。

主要な部品は以下の通りです。

Raspberry Pi4 2GB
IAN CANADA HDMIpi Transmitter I2S / DSD / DoP to HDMI
IAN CANADA FIFOPI Q3 ULTIMATE FIFO Reclocker Module PCM 32bit 768kHz DSD1024 DoP

他に良質の5Vと3.3V用の電源部品を注文しました。

ソフトはSymphonic-MPDとVolumioを試す予定です。
全て揃うのは3月中旬になると思います。まだまだ妄想が止まりません

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました