新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

I2Sにトライ(その5)

日記・雑記
Sponsored Link

I2Sにトライの第5編です。

それなりに時間がかかりましたがI2Sトランスポートとそこで稼働するソフトウエアの準備が整いました。

手持ちのEMM DAC2X、Sforzato DSP-Vela、Holo Audio May KTE の3台のDACを大きい方の部屋に移し、満を持しての比較試聴です。条件を揃えるために送り出しは全てRoonです。
[:image1:][:image2:]
それぞれのDACの一番良いと思われる方式で聴きます。即ち、EMMのUSB入力、Sforzato のDiretta入力、May KTEはUSB入力とI2S入力。

しばらく自宅の音をじっくり聴いていなかったこともあり、まずは古参のシステムから。定番の試聴ソースを幾つも聴きます。
[:image3:][:image4:][:image5:]
拙宅でのEMMは、私の耳には非常にバランス良く聴こえます。音像と音場のバランス、低音と高音のバランス、音の温度感がどれもニュートラルです。
[:image6:]
一方でSforzatoはEMMと比較すると、音場表現に優れ音像は細目、高音の解像度が高く低音は量感よりキレを感じ、温度感がクールで、音楽を分析的に聴くことになります。私の持つESS9038Proの音のイメージ通りです。
[:image7:]
EMMの音の方が僅かにエッジが強調されるように聴こえるのはUSB入力の特徴かもしれません。

続いてMay KTEをUSB入力で聴きます。
EMMともSforzatoとも結構違いますが、全体の印象はEMMの方に近いです。
[:image8:]
EMMより更に音像に寄った音です。鮮度の高さを感じさせる一方で解像感はEMMほどではありません。

EMMを中庸とすれば、May KTEはより太く温度感が高く、Sforzatoはより細く温度感の低い音です。May KTEはより低音型、Sforzatoは高音型とも言えます。

May KTEはディスクリートR2RのマルチビットとNOSモード、独自のPLL回路がウリのDACです。ここまでの印象はデフォルトの設定(NOS、PLLオン)の音です。

ここで、May KTEをNOSモードからオーバーサンプリング・モードに変更してみます。
全体的に解像感が増して見通しが良くなるようですが、NOSモードの鮮度の高さが後退します。オーバーサンプリング・モードはこのDACの一番の良さを活かしきれない印象なのでNOSモードで頑張ることにしました。

またPLLオフの音も聴いてみました。これは特にSPDIF入力を意識したもので、DACでリクロックすることによりクロック品質の低いSPDIFでも高音質を得られると謳っています。PLLをオフにすることで、私にはより鮮度が上がる印象です。
PLLオンの音は、ソフトウエア・バッファーを大きくとった時と同様、安定感は増すもののキレや鮮度感が後退します。このDACにはPLLがオフが好ましいと判断し、以降はオフで聴いています。

またこの副次効果として、曲の冒頭での音切れが解消しました。PLLバッファーの待ち時間が無くなったからだと思われます。

May KTEの音を大分理解してきたところで、満を持してI2Sの音を聴きます。全体的な印象としてはUSB入力との対比で特に優位性を感じません。

USB入力より強調感の少ないダイレクトで鮮度の高い音ですが、解像度やフォーカスはUSBより劣ります。改良を重ねてきたDirettaターゲットからの音には簡単には勝てません。何より、従来抱いていたLINUXの音に共通する軽さというか彫りの浅さが気になります。

トランスポートが完成した達成感は一気に消え去りました。
これでは常用には及ばないので、製作中に検討していたアップグレード案を早速実施することにしました。

続く

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました