アマゾン・ポリエステル吸音材、拡散パネルの対策

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

ポリエステル吸音材への三角柱貼り付けが想像以上に良かったので、他の場所も実行予定です。

スピーカーとリスナーの天井1次反射は、現在、QRDのSKYLINEが付いていますが、その周辺にアマゾン・ポリエステル吸音材が取り付けられています。

さすがに、前回の場所の3倍以上の距離があるので、そこまで効果は無いかもしれませんが。

 

アマゾン拡散パネルは床だけでなく正面壁、横壁にも使っていますが、低域の音圧で振動しないようにツイーターよりも高い位置に設置しています。

しかし、裏面にゴム板は付けていますが、1mm厚と軽量化しているため、ひょっとしたらまだ振動しているのでは?と考え、パネルを壁ごと仮止め釘(0.5㎜φ)で打ち込んで固定してみました↓

全て打ちこんだ後に試聴しましたが、やはり音圧で振動していたのか、一聴して分かるほど音がクリアーになりました。

見栄えはあまり良くないですが、まあ、近接直視しない限りは目立ちません。

見栄え的にはまだ、クリアー丸ピンの方が良いかも?

 

今後、アマゾン拡散パネルの加工版を増殖させるため、2mm厚ゴム板を仕入れました↓

既に300㎜×300㎜に切断済みにもかかわらず、近所のホムセンの切り売りシートより安価だったので。

 

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました