新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

意外なレコード再デビュー – オールド・サンスイと我が家の仲間たち余談

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

サンスイAU-555の導入をきっかけとして始まった
プチ・オールド・サンスイブーム。
サンスイ修理マエストロとの出会いから
AU-707という「味一番」な逸品に魅了され
我が家のさらなるシステムの更新へと誘われていくのでした。

AU-555、AU-707購入でお世話になった
サンスイ修理マエストロのかたとのやりとりでは
マエストロがレコードを愉しまれている話題がたびたびでてきました。
こうなるとレコード再デビューを来年に予定していた私も
はやくレコードが聞きたくて、うずうずしてきたのでした。
そんな折、マエストロがレコードプレイヤーを出品されました。
それもまた「フラットルーフとリニアスケイティング機構採用」という
とてもクールな機種でありました。
フロントパネルのボタンを押すと、
ターンテーブル本体が前面に引出されるという
CDプレイヤーの親玉のようなプレイヤーなのです。
こんなものです。
ttps://www.youtube.com/watch?v=7-HLqhTmDHU

おまけにカートリッジと新品針をあつらって下さるということで
もう一も二もなく入手させてもらいました。
さっそくAU-707につないで音だししました。
50枚ほど処分できずに残っていたLPから
再デビューの記念すべき1枚目は
ジャズで行こうと思い、これを結局選びました。

デジタル音源との違いは、まず各楽器の音の質感でした。
デジタル的な音のセパレーションとはことなるむっちりした感じ。
音が全部あるって、こんな感じなのか~と思わされました。。。
特にすばらしいと感じたのは、スコット・ラファロのベースの残響。
まさに「美しい愛」の響き?!

次はこれ

これもリズムセクションがいい感じ。
B面1曲めのMOTIONでの
ジェフ・ポーカロのゆったりとしたドラムスが心地よい!
これにホーンとラリー・カールトンのワウギターが
からんでくる2曲目のうねりでノリノリに。。。

じゃあ、今度はライブだ!ということで、こんなものを

これはLPしか持っていなくて聞きたかったもの。
このライブバージョンの RIGHT PLACE, WRONG TIMEから
SUCH A NIGHT への流れ、LIFEのちょっとレゲエっぽいアレンジ!
いや~すばらしい!!
彼のライブではマイベスト!

と、感嘆符が多くなってきたので、以下省略しますが
その日はお祭り騒ぎになってしまったのでした。。。

今、冷静にふりかえってみると
我が家のシステムの場合、レコードですばらしいと感じたのは
リズムセクション系が多かったように思います。
三つ子の魂というやつなのかもしれませんが
若いころ熱中していた70年代を中心とする
ニューオーリンズ系のR&Bテイストのもの
(ミーターズ、ネヴィル・ブラザーズ、リトル・フィート等)は
どれもすばらしくねばっこい音がしました。
CDでも聞きますが、やはりたまにはLPでも聞きたくなりましたね。

少し意外な展開ではありましたが
こういう再デビューになってよかったです。
それ以来、まちなかへ出たときも、レコード屋に足を運んで
1枚だけお気に入りのレコードを買ってくるという楽しみができました。。。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました