新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

バズケロ邸で松田聖子を聴く…

日記・雑記
Sponsored Link

先日東京オーディオショウへ行った際、入口でステサンがリリースした松田聖子さんのSACDを先行販売しており、矢切亭主人も「風立ちぬ」のみ購ってきて、そのサウンドに満足していたのは前回の日記どおりです。

「矢切亭はなれ」で気持ちよく「風立ちぬ」をお鑑賞していたその最中、諸般の事情で再生が中断・再開不可となってしまい、駆け込んだ先はご存じバズケロ邸です。バズケロさんも松田聖子には興味芯々のご様子(笑)

まずは2Fのハーベス部屋で歓談。こちらも足回りがKLYNAで固められて、サウンドステージ重視の素敵な音に進化しています。まだ最後の一手が用意されているご様子で、最終形が楽しみです。[:image4:]

折角ステサンの「風立ちぬ」をも持ってきたのですが、バズケロさんは既になじみのお店で「風立ちぬ」のみならず「candy」まで入手されていました(笑)[:image6:]

しばし歓談の後、恒例のランチで、本場中華料理店の三休へ。こちらのお店の豚肉の角煮は絶品ですね。思わずビールが欲しくなるのですが、ここは我慢しかありません。[:image3:][:image2:][:image1:]

後半は1FのJBL部屋へ。バズケロさんは一言「聞き比べをしましょう」と意味不明のコメント。矢切亭主人も一瞬???。つまり以前より話題になっていた「同じCDで音が違うなんてことがあるのっ?」について、松田聖子の「風立ちぬ」で比べてみたいとの由。[:image5:]左がバズケロさん所有。右が矢切亭主人所有。

矢切亭主人は「そんな再販盤との比較とかならともかく…まさかね」と思いながら、比較再生してみて驚きました。曲は矢切亭主人お気に入りの「風立ちぬ」。明らかに音が違います。矢切亭主人の「先行発売盤」は音が明らかに滑らか。巷のいわゆるマスターCD-Rに近いかもしれません。対してバズケロさんの「お店最終取り置き盤」は少しメリハリがあって、音のエッジが立つイメージ。

あまりにもショックだったので、再度「白いパラソル」でチェック。やはり同じ傾向で音の違いはあきらか。ちなみに盤面の刻印は全く同じで、外見上差異は見られません。

原因は分かりませんが、不思議な体験でした。こんなことなら「Candy」も購入しておくべきでした(笑)
[:image7:]

番外編。
本日の収穫は、バズケロさんお勧めの家入レオ。声の音程がぴたりと伸びていて、とても素敵な歌声です。ルックスもサウンドデザインも気に入りました。[:image9:]

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました