新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

Marantz AV10 / AMP10 

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

海外の情報にてMarantz AV10(AVプリ) / AMP10(マルチパワーアンプ)が紹介されています。

https://www.audioholics.com/av-preamp-processor-reviews/marantz-av-10-amp-10

以下同上HPよりグーグル翻訳
=============================
マランツ AV10 15.4CH AVプロセッサー
 メーカー希望小売価格: $7,000

Marantz は、これらの製品を究極のホーム シアターを作成するための最も強力でカスタマイズ可能なシステムとして宣伝しています。AV10 は、Dolby Atmos、DTS:X Pro、Auro 3D、IMAX Enhanced を含むすべての没入型サラウンド CODEC を備えています。AV 10 には、4 つの独立したサブウーファー出力のサポートが含まれており、独立した遅延とレベル トリムと EQ が可能です。これは、 AV8805などの以前のモデルが最大 2 つの独立したサブウーファー出力をサポートしていたため、マランツ製品としては初めてのことです。この価格帯で 4 つの独立したサブウーファー出力をサポートする AV プロセッサーは、Anthem AVM90 だけです。これは、システムに 4 つのサブウーファーを統合して、すべてのリスニング シートで最高の低音レスポンスを実現したい人にとって、非常に便利な機能です。

AV10 は、 Audyssey MultEQx を同時にサポートすることに加えて、完全な DIRACサポート (アップグレード オプション) で部屋補正ゲームをアップグレードしました。両方の部屋補正システムをサポートする製品を見たのはこれが初めてです。これが Audyssey の終焉を意味するかどうかは、消費者が部屋に行く補正システムとして DIRAC を好むかどうかは疑問です. ユーザーが Audyssey と DIRAC の両方を組み合わせて使用​​できるという噂を聞いたことがありますが、それがどのように機能するかは不明です。ユーザーが自分のシステムを DIRAC で調整してから、Audyssey のダイナミック EQ とボリューム機能を適用することはできますか? 確かではなく、数週間以内にCEDIAでマランツに確認できるまで、そのトピックは議論の余地があります.

AV10 は 7/3 HDMI 入力/出力を備え、すべての入力が 8K / 60Hz および 4K / 120Hz パススルーをサポートすると言われています。さらに衝撃的なのは、マランツが 4K/8K テレビ向けに GUI (Graphical User Interface) を再設計したと言われていることです。ほとんどの競合他社は、自社製品で GUI をサポートせず、Web インターフェイスやアプリ コントロールを優先しています。高解像度アプリケーションの GUI をサポートするには多くの処理能力が必要なため、この製品に組み込まれた技術の量を物語っています。

マランツ AMP16 16CH アンプ
メーカー希望小売価格: $7,000
AV10 プロセッサを補完するために、マランツは AMP10 16チャンネル 200W パワーアンプをリリースします。この設計は、 PM-10 インテグレーテッド アンプに搭載されている Hypex N コア クラス D モジュールに基づいているようです。. 定格は、8 Ω で 200 ワット/チャンネル (2CH 駆動)、8 Ω ブリッジで 400 ワット/チャンネル (Bridge-Tied-Load) です。AMP10 がすべてのチャンネルをブリッジして 400 ワットを最大 8 チャンネルにできるかどうかは不明ですが、数週間後に CEDIA で確認します。マランツが SOTA クラス D アンプの設計に移行していることを嬉しく思います。効率の向上 (全負荷時のクラス AB の 60 ~ 70% と比較して > 90%)、熱の低減、軽量化など、多くの利点があるからです。より大きなスピーカー構成をサポートするためにチャネル密度が増加するにつれて、これは非常に理にかなっています。何よりも、Hypex、PuriFi、Pascal などの最高級のクラス D アンプ モジュールの最近の傾向が見られます。これらのモジュールは、ノイズと歪みのレベルに関して、最高のリニア対応製品のパフォーマンスを実際に上回っています。
=============================

マランツの米国の該当マニュアルを参照すると
https://manuals.marantz.com/AV10/NA/EN/index.php
『Web under construction(工事中ウェッブ)』と表示されますで、この製品が発表されるのは間違いないようです。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

  1. 見るからにモンスター級の風貌で、価格も100万円級ですね。

    サブウーファーの数はどうでも良いですが、純粋にプリの音質と
    音場補正能力が気になります。

    • あは、Audyssey がまた採用されるのには一抹の不安がありますがプリ音質が向上しているのは間違いないでしょう。
      海外では2023年第三四半期発売となっていましたから日本では10月ごろ発売でしょうか。
      また新たな情報を見つけましたら日記を投稿いたします。

  2. PM-10やPM-12に採用されているHyoex Ncoreが採用されることで、D級でありながら特性に優れ、かつ低消費電力でハイパワーなマルチチャンネルパワーアンプになると思うので、選択肢の少ないマルチチャンネルパワーアンプとしてAMP16には期待しています。

    購入するころには円高に振れていてほしいですが、今の日銀総裁では期待できないかな。

タイトルとURLをコピーしました